否定脳(旧観念)からの脱却
52152 マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
 
土山惣一郎 ( 45 山口 デザイナー ) 03/03/23 PM06 【印刷用へ
 平野さんがMsg52057でおっしゃっている『マイナス原因のマイナス体系vs実現プラス体系』という視点は、マルクスなどの旧理論と新理論(=『実現論』)の根本的な違いを鮮明に示した的確な見解だと思います。

 もしマイナス体系だけを明らかにするなら、人類の略奪闘争の起源で止まってもいいところを、『実現論』では、サルの共認回路・自我回路、さらに哺乳類の性闘争本能、そして生物の適応原理・進化原理まで遡って解明しています。これこそ『究極のマイナス構造』のさらに奥にある『実現するためのプラス構造』を発掘するための所業です。

 もともと、プラスを求める感覚というのは、実感レベルでは誰もが自覚していることで、例えば、苦しいマイナス構造の原因分析は敬遠され、安直にプラスに飛びついてはミスを繰り返すのは覚えのあるところです。

 確かに、最近の環境運動やボランティア活動が「まずはできるところから・・」とばかりに、ゴミ拾いなどの手近な実践活動に奔走し、結果的にはそれが根本問題を覆い隠すだけのゴマカシの温床になっているのは、最低限必要な原因分析(=マイナス構造の解明)さえ行われてこなかったからです。言うまでもなく、困難な問題であればあるほど、マイナス構造の解明は重要であり、かつては、そのようなものを‘理論’と呼んできました。

 しかし、実現可能性が徐々に開かれてきたこの時代に、ほんとうに必要な理論は、単に『究極のマイナス構造』を解明しただけでは不十分で、その奥にある『実現するためのプラス構造』にまで踏み込んだものでなければなりません。

 そのような理論を私は『実現論』以外に知りません。おそらく『実現論』こそ、人類史上初めて、マイナス原因構造からプラス実現構造までを網羅した理論だと言っていいと思います。

 古代宗教から近代思想までのすべての思想が、『実現不可能視』を暗黙の前提に生まれてきたという認識のさらに一歩先には、この「実践(=運動)の核になる理論の必要十分条件とは何か」という視点が横たわっていると思います。
 
  List
  この記事は 52057 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_52152
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
203990 『事実』と受け入れられることで可能性を見出せる 高橋幸香 09/04/09 PM11
159202 「出来そうだ」という予感の先には・・・ 匿名希望 07/08/18 AM02
52621 実現論は、現代的状況に適応的である 三宅秀和 03/04/03 PM11
52612 旧思考 石橋直樹 03/04/03 PM10
52492 構造認識はやっぱり必要 西知子 03/03/31 PM06
52401 必要な視点 長谷川文 03/03/29 AM01
52389 「どうしてそこまで遡る必要があるの?」という問いに対する答え 渡邊かお里 03/03/28 PM11
52360 現実肯定のもと統合された意識構造論+歴史構造論=実現論 山澤貴志 03/03/28 AM01
52322 答えを出せる可能性が開かれている事に、気付いた。 田村正道 03/03/27 AM01
52282 理論があるか、ないか 岡田理恵 03/03/26 PM08
52166 「実現可能視発のみんな期待」へ転換する条件は? 冨田彰男 03/03/23 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp