新しい男女関係(→婚姻制)の模索
5144 ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
 
西谷文宏 ( 24 和歌山 建築設計 ) 01/06/10 AM01 【印刷用へ
 「先住民族女性と白人の女性開放論者のちがいは、 
  白人フェミニストたちは権利を主張し、
  先住民女性は負うべき役割について主張しているところだ。
  このふたつは大きく異なる。
  わたしたちの役割とはこの世界にあるわたしたちの土地を守ることだ。」

上の言葉は、ネイティブアメリカン(インディアン)のある女性が、彼らの生活を追ったレポートの中で語った言葉です。
この言葉には、先の投稿で三ケ本氏が書かれていた、アイヌの女性の言葉と同じ心を感じます。

両者(ネイティブアメリカンとアイヌ)に共通しているのは、男女の分業・役割分担を「ジェンダーの優劣」とは、考えもせず,自らの女性としての役割と責任を心得、また、それを何よりも重要視している点でしょう。「女性の務め」「負うべき責任」という毅然とした言葉に、その心がよく表れていると思います

ところが、この「女性の役割・負うべき責任」という彼女らの精神は、欧米人的価値観から見れば、「女性の権利の侵害」はたまた「女性の奴隷化」と捉えられるのですからその価値観の違いには、圧倒的な壁が存在します

「権利の主張」と「役割の主張」
この相違をもたらしている背景には、どのような理由があるのでしょうか

地理的違いなどの物理的要因、民族の違いによる精神的違いなどももちろんあるでしょうが、その背景には、私権社会における性市場の存在と、それがもたらした女性尊重精神の欠如があるのではないかと私は考えています。

ネイティブ・アメリカンには数々の女性賛美の言葉が存在します
「この星は、われわれがずっと生活してきた家である。女性はその骨で大地を支えてきた。」

「女性を愛し、大地は女性なのだと教えられ育ってきた男たちは、大地と女性を同じものだと考えている。それこそ本当の男なのだ。
生命を産むのは女性である。女性が昔から感じとっていた眼にみえない大きな力との関係を男たちが理解し始めるなら、世の中はよりよい方向に変化し始めるだろう。」

「女は永遠の存在である。男は女から生まれ、そして女へと帰っていく。」

「女性が死にたえるまで、部族が征服されることはない。」

これらは、そのような「女性賛美」の言葉の一部であり、性市場のように「女の性的価値」に左右されることなく、全ての女性に贈られた言葉です。
ネイティブ・アメリカンの男達は、男よりも女を敬い女が民族の支えであることを理解しているのです

これに対し、西洋を中心とする私権社会では、女性の評価は、商品としての性的価値に委ねられています(左右される)。
男性にとって女性は「ものにするもの」であり、自らの性的欲求の矛先に過ぎません

このような関係では、ネイティブ・アメリカンに見られるような女性への尊敬、女性賛美の心など生まれるはずもありません
ですから、西洋社会に存在する女性に向けられた言葉は、ある特定の女性(価値を認めた女性)にのみ贈られた言葉しか存在しないのです。(これが恋愛物語)

まとめると
 ネイティブの社会において女性は「尊敬」されている
 それゆえに女性は女性としての価値を知り、
 その役割の重要性を認識している、「自らの務め」を知っている

 私権社会において女性は商品として「評価」されている
 それゆえに女性は個人としての価値にのみ関心があり
 その価値を高めるため、より広い「自らの権利」を主張する

と言ったところでしょうか

このように考えると、「女性の権利」という西洋的価値観は性市場という歪んだ世界の中で、「本来の女性の価値」がないがしろにされ「性的商品としての女性の価値」に摩り替えられたがために発生した、歪みに歪んだ価値観であることがはっきりわかります。
 
  List
  この記事は 4922 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5144
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
242165 女性賛美の言葉は男にも活力を与える 大脇正嗣 10/12/13 PM08
242144 男女を導く言葉 匿名希望 10/12/13 AM10
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは? まとめ> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/11/18 AM01
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08
“独立宣言”…北米の先住民族ラコタがアメリカに独立宣言を突きつける 「にほん民族解放戦線^o^」 07/12/22 PM07
148644 フェミニズムとは 新里勝一郎 07/04/04 PM08
105335 アイヌの川は女性 岡本誠 06/02/08 AM01
♀という性(その2) 「瞬間の集積」 06/01/21 AM01
102463 闘争存在であることを自覚する ミスター 05/12/12 PM01
100177 化粧とチャネリングは同義なのではないか? 走馬灯 05/11/01 PM10
93731 もっと楽になれるはず 石橋創 05/07/01 PM08
93712 賛美!尊敬! 白子佳世 05/07/01 PM02
91617 男女同権論の現実的な終焉 斎藤一浩 05/05/28 PM08
91600 男女同権はぜんぜん対象性が無い疲弊するだけ 匿名希望 05/05/28 PM02
90741 「女である君と、男である僕」 清水志保 05/05/14 PM10
90137 「女としての役割、男としての役割」 平川要 05/05/06 PM07
87989 男と女は役割の原点 田中健太郎 05/03/27 AM07
87951 存在を肯定視する 宮崎未帆 05/03/26 PM10
87802 フェミニズムは女性を肯定視できない人たちの自我充足運動 阿部和雄 05/03/23 PM08
87767 「大地と女性は同じもの」 一力広明 05/03/22 PM11
87205 何を尊敬するのか 鹿村幸代 05/03/11 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp