生命原理・自然の摂理
50697 雌雄分化における統合
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 03/02/27 PM09 【印刷用へ
>「男と女(雄と雌)」というのが、それ自体、性別という差異化で生命体としての各々の役割を表わしているということは非常によく解るのですが、統合の部分がピンときません・・・。 (岡村さん50321

オス・メス分化における統合の仕組みはある意味で最もプリミティブで、それ故に普遍性のある仕組みだと思います。つまりオスメスが相互に惹きあう事によってそれは成立しています。
分化という差異化=遠心力の形成に対して、相互に惹きあう(という仕組みを作る)ことによって求心力をつくり、統合しているといっていいと思います。言葉を変えれば相互に収束することで統合されているのです。この相互収束は相互の性的吸引力を土台にして、更にサルと人類の場合は雌雄充足共認(1548四方氏)によってもたらされています。またオスメス分化も本能的なものに加えて役割共認によってより差別化が図られています。つまり最先端機能である共認機能に収束することで役割分化を推し進め、統合も成されています。
逆に言えば、この様な統合の仕組みを作っているからこそ、それに矛盾しない限り最先端機能に則ってとことん分化=差異化を推し進め、かつ両者が調和できたと言っていいと思います

少し話が拡大しますが、双極的世界は自然界一般にも確かに広く認められます。
例えば物質一般の結合様式においても各分子は、分子結合やイオン結合等、電位のプラスマイナスを偏在させることによって統合する(結合させる)という様式をとっています。(プラスとマイナスが引き合う)つまり相互収束によって統合されています。
また磁場もN極とS極が相互に求引する、あるいは斥力を作り出すことで活性と安定を作り出している場という見方も出来るのではないか、と思います。


 
  List
  この記事は 50321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_50697
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
オスとメスの違いって何??〜性決定因子の働きがオスとメスを分ける〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/21 PM09
男(オス)と女(メス)があるのはなんでだろう?? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/12/31 PM11
男(オス)と女(メス)があるのはなんでだろう?? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/12/31 PM03
139455 雌雄は役割を『分担』したのではなく『分化』したという事実 三浦弘之 06/12/06 PM11
134924 自然の摂理 ぎゃお 06/10/20 PM08
134158 男女中性化は人類に危機をもたらす。 ポパイ 06/10/13 PM10
116098 外圧低下=人類の生存の危機的状況? 匿名希望 06/05/25 PM10
115560 おとことおんな、性の発現 匿名希望 06/05/23 PM08
115127 雌雄分化を理解するためのヒント 匿名希望 06/05/21 PM01
103336 分化と統合の再考〜分化した雄と雌がなぜ引き合う(=統合される)のか?〜 近藤文人 05/12/29 PM10
103195 日本における女権力の誇大化とGHQ 馬淵 正説 05/12/26 PM09
96805 男女和合共認は人類最大の適応戦略 大嶋洋一 05/09/04 AM00
96734 オスメス関係における収束と統合 森政子 05/09/02 PM09
95306 遠心力と求心力 西村秀彦 05/07/29 PM10
93871 露店が惹きつける男女の引力 田野健 05/07/03 PM11
92706 生物の進化と社会の退化 高梨俊寛 05/06/15 AM01
91955 雌雄の役割分化→統合力アップの原理 福田尚正 05/06/02 PM11
88432 原生動物のせん毛虫にみる雌雄分化による可能性収束 廣重圭一 05/04/05 PM11
88420 なぜ生物は「双極的」なのでしょう? 北村太郎 05/04/05 PM10
85212 共認社会の、いい男いい女をどう考える?1 本田真吾 05/02/05 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp