共認心理学:現代の精神病理
50543 無意識とは本能・共認回路上の意識である
 
本田真吾 HP ( 46 香川 建築家 ) 03/02/25 PM11 【印刷用へ
現代の心理学では、意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)を対立項の様に扱う。観念を用い自分で考えていることを自覚できる状態を意識的であるとよび、自覚は無いものの思考や行動に影響を与えている(判断している)ものを無意識とよぶように。

そして、そのような無意識そのものを追求した人はほとんど存在しない。そのため、何かの実態はあると感じることが出来るが、構造的に言い表すことが出来ず、なにやら神がかった比喩になった学説が多い。例えば、集合的無意識や宇宙的無意識のように。

しかし、それらを応用して現実場面での成果を問われている心理療法家の方々の実感には示唆に富むものが多い。潜在意識は生命や宇宙の本質と大きくかかわり、そのエネルギーは顕在意識よりはるかに大きい。そして、これらは個々人の意識を超えて他者と繋がっている(同じ意識を共有している)というようなものである。

また、はるかに大きなエネルギーをもつ潜在意識に行動や判断がゆだねられているということは、個人の自由などというという観念は幻想であるということも容易に実感できる。そして、人と人とは深層の意識を共有しており、その関係の中で充足して生きていけるように出来ているというふうに。

>なぜREM睡眠や催眠がこれらの心因性の疾患に効果があるのかはよく分かりませんが、一つ考えられるのは、この状態では、人間は通常使っている観念ではなく、より奥の回路(本能回路・共認回路)が活性化しているのではないかということです。(49711

まさに無意識(潜在意識)とは、本能・共認回路が作り出す意識そのものだと思う。それらを潜在思念とも呼んでいる。

 
  List
  この記事は 49711 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_50543
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
227962 実感(潜在思念)の発信の大切さ 塩貝弘一郎 10/03/10 AM09
50945 「気」と「潜在意識活用法」 橋口健一 03/03/04 AM01
50743 人と人とは深層の意識を共有しているのか? 尾曲圭介 03/02/28 PM00
50643 潜在意識から顕在意識へ 久保田彰子 03/02/27 AM00
50641 本能・共認回路はみんな同じなのでは 村上祥典 03/02/26 PM11
50544 催眠により、塞がれていた潜在思念が開く 本田真吾 03/02/25 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp