西洋医療と東洋医療
5037 要素還元的科学信仰からの脱却 2・・「科学と医学」
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/06/07 AM00 【印刷用へ
ここで、近代医学側の攻撃要旨をまとめてみると、根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine;EBM)以外はえせ医療であり、ホメオパシー医学は治癒のメカニズムが解らないのでえせ医学である。また、その行為の結果治癒してるかどうかすら疑わしい、というところでしょう。日本でも丸山ワクチンが医師会の手によって同様の攻撃を受けました。癌にかかった身内に何とか投与したいと思うと、治験薬であるため、きわめて複雑なルートでしか入手できない状況にあるのとおなじです。

その中でも、特に攻撃の的になっているのは、化学的濃度計算によると、希釈倍数がアボガドロ数を超え水溶液中に1分子も薬物が入っていない場合がある点です。近代医学の主張の濃度問題は、近代科学で解明された範囲において正しく、高校生の化学の知識で理解できます。要素還元的な手法で発見できる限界でしょう。しかし、自然ましてや生命はそのような認識で理解できる部分をはるかに越えており、根拠を科学的といったとたんに現在の要素還元的手法で解っている範囲に限定されます。現に最近の研究で『水の記憶』というものがあり、従来の知識は解明しきれない現実効果をもっているということも注目されています。

問題は、その対象への認識レベルの自覚があまりに低いということでしょう。自然や生命は人間の認識をはるかに超えており、そのほんの一部が解明されているだけであると言う認識に立てば、ホメオパシー医学のたくさんの治癒例(事実)から未だ解明されていない全体性を読みとることは可能です。そして、その可能性のみに注目し、未だ解明されていない全体性を読みとることも可能になってくるでしょう。このような認識法に至ることが困難なのは、近代科学だけの問題ではなく、現代人に共通の弱点だと思います。超越性を失った観念思考と言う意味で。

『本源の科学』とは、事実をもとに、その可能性のみに注目し、未だ解明されていない全体性を読みとる認識方法による科学なのかもしれません。
 
  List
  この記事は 4970 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5037
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
243974 誰が医療の主役? mama 11/01/14 PM05
西洋医学と東洋医学−近代医療の枠内では、がんは治らない ?!− 「地球と気象・地震を考える」 07/06/19 AM03
108823 病は“共認”から 関英治 06/04/11 AM08
107704 ぐらつく医療 藤田公一 06/03/20 PM02
96038 医療界の閉鎖性が可能性を見えなくさせている 酒井裕志 05/08/15 PM03
94659 人は理解できるものしか見ようとせず、さらに蓋をしてきた 布田貴士 05/07/16 PM11
94636 自然治癒力を認識する 野崎章 05/07/16 PM10
93872 医療の体系 馬場真一 05/07/03 PM11
91100 「いい医者」「悪い医者」という視点 末吉孝子 05/05/20 AM11
87271 社会を見失った医者 根木貴大 05/03/13 AM00
86963 これからの医療に必要な認識とは... 鈴木邦彦 05/03/08 AM00
86836 思考方法の問題として捉える 喜田育樹 05/03/05 PM10
85096 ペットの治療にも代替医療の波が 山本豊 05/02/03 PM10
85023 西洋医学の盲点 松本幸二 05/02/02 AM03
84848 事実認識から本源の科学へ 酒井裕志 05/01/30 AM00
84664 科学的根拠って? 立石裕美 05/01/26 PM10
84627 代替医学 麻丘東出 05/01/26 AM00
84102 自然回帰療法とは改めて人に返ること 江岸元 05/01/16 PM10
83773 不全状態からの脱出が治癒力を高める 今井勝行 05/01/08 PM10
83081 共認治癒力A 喜田育樹 04/12/24 AM01
83042 共認治癒力@ 喜田育樹 04/12/23 PM07
5091 現代医学が失った観点>本田さん 匿名希望 01/06/08 PM01
5050 本源の科学における医学 吉国幹雄 01/06/07 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp