共認運動をどう実現してゆくか?
49958 本当にどんどん広がってる!
 
浅田祥幸 ( 23 学生 ) 03/02/16 PM09 【印刷用へ
認識交流会に参加する度に、周りのみんなに自然とその時の充足を話さずにはいられない自分がいる。
そんな時はいつも、一緒に参加していた人たちも同じ様に周りのみんなに話してるんだろうなあ、っていう思いがわいてくる。

そのことを想像するだけでワクワクしてきて、どんどんどんどん広がってるんだということを実感できる。なんかすごい!

ある交流会で「これってお祭りみたいだね」と言っていた人がいた。
そういえばこのるいネットでもよく「まつり」という言葉が出てきていたので、その言葉が登場した頃の投稿を読んでみた。

>いずれ、この社会統合という課題や期待や評価の共認を母胎として、その上に(その中から)規範共認や制度共認あるいはそれらの正否判断の基礎となる事実共認(現象事実から構造事実まで)が確立されてゆくことになるだろう。そこで、今まず必要なのは、社会統合という課題・期待・評価の共認の場であり、従って何よりも重要なのは、まずもって皆の共認の場=新しいまつりの場を形成することである。
「新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである」(9561岡田さん)

それに対する返信もまたすごくて、タイトルだけで気持ちが伝わってきた。
「どんどん広がれ!!」(9572山岡さん)
「わくわくしながら時代を変えていこう」 (9613井上さん)
「「まつり」最高!」(9658高田さん) etc

>これは特に交流会が始まってからだと思うのですが、読んでいて、こちらも何だかうきうきするような投稿がいっぱい見られます。読むだけで充足感が得られます。実感投稿は自分もそれを経験したような気にもなります。(49897河野さん)

少なくともその当時僕はこのまつりの事なんか知る由もなかった。
それからそのまつりは広がって、今はるいネットだけじゃなくて交流会にまで発展してる。そして僕もその輪の中にいて、僕もその輪をみんなと一緒に広げていってる。
その輪がすごい勢いで広がって、同時に活力の輪も広がってるんだなあと思うと本当に頭がいっぱいになるし、胸はドキドキするし、顔は笑顔になる。

先日の交流会でも、「次もまたやりましょう」「また呼んでください」という言葉が口々に出てきて、ものすごく可能性を感じたし、また新たな広がりも感じた。
まだまだ周りを見渡せばたくさんの人がいる。

>もっともっと多くの人を巻き込んでいきたい (49866立石さん)

僕もそう思います。
 
  List
  この記事は 49897 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_49958
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
49968 「充足から必要が生まれ」みんなのものになる 山澤貴志 03/02/16 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp