共認運動をどう実現してゆくか?
49958 本当にどんどん広がってる!
 
浅田祥幸 ( 23 学生 ) 03/02/16 PM09 【印刷用へ
認識交流会に参加する度に、周りのみんなに自然とその時の充足を話さずにはいられない自分がいる。
そんな時はいつも、一緒に参加していた人たちも同じ様に周りのみんなに話してるんだろうなあ、っていう思いがわいてくる。

そのことを想像するだけでワクワクしてきて、どんどんどんどん広がってるんだということを実感できる。なんかすごい!

ある交流会で「これってお祭りみたいだね」と言っていた人がいた。
そういえばこのるいネットでもよく「まつり」という言葉が出てきていたので、その言葉が登場した頃の投稿を読んでみた。

>いずれ、この社会統合という課題や期待や評価の共認を母胎として、その上に(その中から)規範共認や制度共認あるいはそれらの正否判断の基礎となる事実共認(現象事実から構造事実まで)が確立されてゆくことになるだろう。そこで、今まず必要なのは、社会統合という課題・期待・評価の共認の場であり、従って何よりも重要なのは、まずもって皆の共認の場=新しいまつりの場を形成することである。
「新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである」(9561岡田さん)

それに対する返信もまたすごくて、タイトルだけで気持ちが伝わってきた。
「どんどん広がれ!!」(9572山岡さん)
「わくわくしながら時代を変えていこう」 (9613井上さん)
「「まつり」最高!」(9658高田さん) etc

>これは特に交流会が始まってからだと思うのですが、読んでいて、こちらも何だかうきうきするような投稿がいっぱい見られます。読むだけで充足感が得られます。実感投稿は自分もそれを経験したような気にもなります。(49897河野さん)

少なくともその当時僕はこのまつりの事なんか知る由もなかった。
それからそのまつりは広がって、今はるいネットだけじゃなくて交流会にまで発展してる。そして僕もその輪の中にいて、僕もその輪をみんなと一緒に広げていってる。
その輪がすごい勢いで広がって、同時に活力の輪も広がってるんだなあと思うと本当に頭がいっぱいになるし、胸はドキドキするし、顔は笑顔になる。

先日の交流会でも、「次もまたやりましょう」「また呼んでください」という言葉が口々に出てきて、ものすごく可能性を感じたし、また新たな広がりも感じた。
まだまだ周りを見渡せばたくさんの人がいる。

>もっともっと多くの人を巻き込んでいきたい (49866立石さん)

僕もそう思います。
 
  List
  この記事は 49897 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_49958
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
49968 「充足から必要が生まれ」みんなのものになる 山澤貴志 03/02/16 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp