否定脳(旧観念)からの脱却
49674 若者が実感できる『旧観念』
 
西知子 ( 28 京都 秘書 ) 03/02/12 PM09 【印刷用へ
>これらの旧観念群はいずれも私権の強制圧力によって生み出される醜い現実が不動の=変えることの出来ないものであった時代に生み出されたものです。(或いはその認識パラダイムの尾を引きずったものです。)
だからこそその時代においては、現実を否定し頭の中だけで倒錯充足するor現実の醜い部分を捨象し美化するor傍観者になるしかなかったという、必然性を持っています。

若者にとって、『愛』も『個人』も『人権』も、普段めったに使わない、既に実感の伴わない言葉で、それを例に話してみても、頭で考えるばかりで何がなんだか分からなくなります。
そこで私がよく例に出すのが、「人それぞれ」と「誰にでもいいところはある」です。

「“人それぞれ”って言ったり言われたりしたら、そこで壁を感じるでしょ?こっから先はお互い突っ込むのはやめましょうっていう諦めを感じるでしょ?それってすっごく寂しいでしょ?」

「“誰にも(何にでも)いいところはあるよね”って言葉もそうで、それって、具体的(現実的)にいいところが見出せない苦しまぎれでとか、もうそれと向き合うのをやめたときにしか使わないでしょ?」

「それがつまり、現実に背を向けて、その状態をもっともらしく正当化した旧観念。こういう言葉を使った時点で、思考停止してしまう構造を持つ。頭で考えるとよく分からないかもしれないけど、そういう風に、実際どういう時にどういう状態で使うかを考えれば、誰でもその誤魔化しは見抜けるはず。だから、ものを考えるときに、旧観念が無用どころか邪魔なだけというのも、言われてみればごく当たり前のことのはず。」

この流れで話すと反応もよく、旧観念の構造を実感を持って捉えられるようで、自分で自分の思考停止に気付くことが出来るようになると思いました。
 
  List
  この記事は 49628 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_49674
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
公務員志向が強まってきたのは、なんで? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/03/23 PM09
49805 諦める必要なんて全然無いのに! 吉岡摩哉 03/02/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp