素人による創造
4915 科学と医学 3
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/06/03 AM02 【印刷用へ
そして、治療方針決定の日がきました、こちらから提示した意見は「手術は行わない」「民間療法2種類を併用して近代医学の治療を行う」でした。子供の命は助からないかもしれないが全摘出手術で生ける屍のようになることを子供自身も求めていない、という親の代弁でした。この判断は私自身相当悩み、身内からも反対意見がありましたが、そう判断しました。

それからがおおもめでした、医師側は近代医学のみが正当な医学で、その他医療はヤミ医療である。よって、そういう治療を望むなら病院から出て行ってくれということでした。医師の言うことを聞けば治るのなら従いますが、助かる見込みは殆どないのにこれが最高の治療ですと言われても納得できない。患者側の期待としてはとにかく治ってほしい、そのためには有効な方法は何でも使いたいと言うことなのだが彼らには通用しない。今思うと、科学者の専門集団の価値判断とまったく同じものを感じます。

最終的には、妥協案で近代医学の支障のない範囲で民間療法を併用するこを認めてもらい、手術はしませんでした。それから一年間、毎月CTの画像の中の腫瘍は小さくなり、ついにはなくなりました。超難病であったため、学会に対するこの症例報告(学会報告は近代医学の側面だけですが)はかなりセンセーショナルなもので、病院側の評価はかなりあがったらしいですが、民間医療と近代医学の併用の結果、どちらが効いたのかは誰もわかりません。患者にとってはどちらでもいいことです。

ここで、病気が治ることが医療の価値中心であることは間違いなく、その目的は達せられました(子供は、今年高校生になりました)。そして、近代科学のもつ専門家集団の自己完結的価値軸の問題は、近代医療にもそのまま受け継がれており、彼らの集団に任せておいては、患者ひいては社会が何を求めているかということは解らないという構造にあることもはっきりしました。吉国さんのいわれる『本源の科学』とはこのような価値判断の出来る科学ではないかと思います。
 
  List
  この記事は 4914 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4915
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
274160 「「治療不可能な結核」の脅威が現実に」 斎藤幸雄 13/03/30 PM00
109203 薬や医者に頼りすぎることなく。 タコ墨。 06/04/18 AM00
109162 医学の違いについて ゆずの素 06/04/17 AM00
109058 医者に圧力を 32 06/04/15 PM08
94339 脳死臓器移植 山上勝義 05/07/11 PM11
93029 RE:科学と医学3 シャコンヌ 05/06/20 PM02
93010 医者に対して 匿名希望 05/06/19 PM11
92887 病院は死なせてくれない場所 吉川明博 05/06/17 PM11
87144 医療システムの欺瞞性 一力広明 05/03/10 PM11
87053 近代医学とは異なるアプローチ事例 関英治 05/03/09 PM09
83858 自然治癒力の偉大さ 庄恵三 05/01/10 PM11
82307 医師という職業 多田奨 04/12/09 PM11
82133 現代の医者は本来の生物原理を忘れてはいないか 志水満 04/12/05 PM10
10702 超・超亀レス。整体体験@ 蘆原健吾 01/09/14 AM01
4975 医は仁術、というが 藤岡聖子 01/06/05 PM01
4970 ホメオスタシス>本田さん 吉国幹雄 01/06/05 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp