農村を活性化させる為には?
4391 福井県上中町・若者の就農定住事業@「上中町とは」
 
前上英二 ( 39 大阪 事業企画 ) 01/05/21 PM11 【印刷用へ
上中町は、福井県の若狭地方にある人口8200人の町で、古来若狭と京都を結ぶ要路=鯖街道が通過するところにあります。

これまで、町内では、施設園芸、養鶏や酪農など様々な取組をしてきましたが、いずれも市場の大きな流れに抗することはできず、現在は主に兼業による米単作エリアとなっています。そして、全国の農村と同様、農業後継者・新規就農者の不足の解消、有機(低農薬)による米作と販売ルートの開拓が農業の課題となってます。

上中町は、一集落あたり40〜50戸で構成される約40の集落があり、どの集落も総じて、「結(ゆい)」=相互扶助の精神と、「自主管理」の気風が強い地域となっています。
昭和30年代までは集落毎にある社寺の檀家、氏子としての寄進の程度から強い序列社会だったのですが(会合で座る順序も決まっていたと言います)、当時の町長が新生活運動(民主・自治)を推進したのが契機だったようです。
その特徴は、@街頭電気代、集落センター、公園維持管理費、行事費等は区費でまかなう。A道路整備等は特別予算として別途徴収(行政7割 集落3割負担で大きいもので500万/年もある)というように受益者負担を徹底し、したがって計画をどのようにするのかについて住民自身が真剣に議論する仕組みをとってきた点と世代ごとの自主学級をもち各種の集落活動を行ってきた点にあります。

この集落自治体制を支える町(行政)もユニークな体制をとっています。5つの旧村単位で公民館を置き、その館長は町の課長級が常駐して各集落の相談窓口・自治支援を行っています。また、道路・電気柵・街灯…集落3割負担が伴う事業にあたっての町の役割は、「うまく補助金を取ってくること」と「集落とのコンセンサスづくり」という点にあります。そのため、町の職員は、補助金体系を熟知し、県との密接な協議の上、柔軟で適切な読替えと運用していくことを得意とし、昼夜関係なく集落の会合に出席することを日課としている、「お上」という感覚とは無縁で、町民のコーディネーターとして行政が機能している様は、現在さけばれている「住民参加型行政」「行政によるアカウンタビリティー」を昔から実行している行政体と言えます。

しかし、集落共同体の気風を色濃く残した上中町でさえ、個人主義と市場社会の風圧にさらされ、集落基盤の変革・再生が余儀なくされていますし、その端的な現象が「農業後継者がいない」という形で表れているのです。

そして、現在展開しつつある「若者の就農定住事業」は、このような状況を真正面から捉え、
『都市の若者の就農・定住を促進し、集落を活性化すること』
……を目標としています。

 
  List
  この記事は 4107 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4391
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
4392 福井県上中町・若者の就農定住事業A「事業概要と展望」 前上英二 01/05/21 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp