脳回路と駆動物質
42811 相手と自分を同一視するミラーニューロン
 
冨田彰男 ( 39 兵庫 経営管理 ) 02/10/24 PM06 【印刷用へ
10月23日の日経新聞に「アタマを探る7」という記事がありました。一部引用します。

>身ぶり手ぶりから相手の意図をくみ取ろうとするとき、脳の中ではどんな仕組みが働いているのだろうか。そのなぞを解くカギとして、10年ほど前に見つかった「ミラーニューロン」と呼ばれる神経細胞が改めて注目されている。<

>イタリア・パルマ大のリゾラッティ教授らは、サルが手で餌をつかみ取るときの脳内の神経活動を調べていた。そのとき反応する神経細胞が、他のサルが餌を取る様子を見るだけでも同様に反応することを発見した。他人の動作を自分の頭の中に写し出す鏡のような反応を示すことから、ミラーニューロンと名付けられた。(中略)国立身障者リハビリセンターの西谷信之感覚認知障害研究室長らが、人にもミラーニューロンのような部位があることを明らかにした。<

>棒の先を自分でつまんだときと、他人がつまむのを見るだけのときの脳内の活動部位を調べた。いずれも言葉をしゃべるときに関係する前頭葉の運動性言語野(ブローカー野)の領域が反応した。解剖学的にサルのミラーニューロンがあった部位に近い。他人がつまむのを見てすぐに自分もつまんだときは、その反応が一層強くなっていた。<

>赤ちゃんは親の身ぶり手ぶりから様々な動作を学び、自分の意思を表現できるようになる。今回の結果は、言語に関係する部位で他人の行動をあたかも自分の行動のように感じ取っていることを示した。<

この記事は、「相手と自分を同一視する機能が共認機能の原点であること(実現論1_4_05)」の有力な傍証です。心の奥底=潜在思念の次元では相手と自分は同一だと認識していることを、ミラーニューロンの機能は示しています。

潜在思念(共認回路)では同一なのに、顕在意識では自分と他者を分け隔てて認識するのは、自我を始めとする近代観念が原因だと考えられます。近代人は潜在思念と顕在意識が分裂しているとも言えます。両者を統合する観念(=社会統合版でも議論されている、誰にも共通する普遍認識)が、潜在思念と顕在意識をつなぐために必要なのだと思います。
 
  List
  この記事は 42794 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_42811
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
健康=元気の素ってなんだろう?その5〜相手と自分を同一視する潜在思念☆+゜〜 「地球と気象・地震を考える」 09/12/25 PM11
222584 構造認識は、「共認」してこそ意味がある 三輪歩未 09/12/24 PM02
222574 自分=みんなは「どうしたい?」って潜在思念に忠実に スガイク 09/12/24 AM11
同じような想いを抱く人の話が、相手の心を開くカギ。 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/05/31 AM03
45751 「自分」と「相手」を隔てるものとは何か? 東努 02/12/15 AM00
44117 ミラーニューロンは本源的な実現回路 橋口健一 02/11/18 PM10
43749 言葉を話すことの原点は相手に対する「評価」、もしくは「応望」 北村浩司 02/11/10 PM11
43573 ことばでなく滲みでてくる 広岡絵美 02/11/07 PM02
43519 赤ちゃんは「自分」を「自分」と認識できるのか?@ 高田康史 02/11/06 PM11
43355 共認機能のハードとソフト 林昭光 02/11/02 PM11
43222 「共認」という認識の役割 森政子 02/10/31 PM02
43163 「共認」という概念を広げたい 田中素 02/10/30 PM10
43029 充足している人に学ぶ、真似る。 久保田彰子 02/10/28 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp