共認運動をどう実現してゆくか?
42777 関係パラダイムの逆転2
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 02/10/24 AM02 【印刷用へ
今や、私権発あるいは「集団」発の古いしがらみに依りかかっていても、得るものは何もない。むしろ、誰もと繋がれる可能性を失い、脱集団の新しい人間関係から取り残されて、追い詰められた「淋しい人間」になってゆくだけである。

従って、私権の衰弱と不全の増大の最終局面では、見知らぬ人への警戒心より、人収束⇒認識収束の引力が上回り、街のあちこちで見知らぬ人同士が声をかけ合い、語り合う風景が現出するだろう。既に、その萌芽は、若者のメル友現象や、年寄りの(声をかけられることへの)期待etcとして至る所で現われ始めている。(4265642686426934272642739

中でも特に注目されるのは、認識営業の課題に目覚め、反応充足を体感した協働仲間たちの意識の変化である。
認識営業の協働仲間たちは、自ずと道行く人々を期待視・肯定視する様になり、そうすると不思議と向こうの方から声をかけて来る様になった(42624)。だがそれは、不思議でも何でもない。これは、まさに人間関係のパラダイムの逆転である。

しかも、観念パラダイムは、新しい認識が与えられない限り逆転しようがないが、関係パラダイムは、上記の様に、既に逆転し始めている。
つまり、社会的には、新しい認識が観念パラダイムを逆転してゆくのに先行して、その認識の営業が関係パラダイムの逆転を実現してゆく。
これが、最終解答となる。即ち、『誰でも交流』こそが、関係パラダイムの逆転を実現しつつ、同時に観念パラダイムの逆転を実現してゆく、一貫した唯一の路線であり、間違いなく全ての突破口なのである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_42777
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
みんなが笑顔になる魔法☆+゜〜肯定視が健康の源5「周りが嬉しいと自分も嬉しい」 「地球と気象・地震を考える」 10/10/01 AM08
238304 みんなに求められている・活きていくための転換 スガイク 10/09/22 PM05
238303 警戒心が、みんなへの肯定感という充足に塗り変わってゆく。 ぴのこ 10/09/22 PM04
220354 関係パラダイムの逆転を実現するってどういうこと? 野田雄二 09/11/23 AM00
220338 関係パラダイムの転換から観念パラダイムの転換への条件は?! Rivet16 09/11/22 PM08
220335 【図解】関係パラダイムの逆転2 匿名希望 09/11/22 PM07
127792 なんで屋が突破口となることを改めて実感 新川啓一 06/08/09 PM10
127786 人収束と認識収束はイコール R 06/08/09 PM10
126811 共認回路の再生の必要性 鈴木龍也 06/07/27 AM00
126668 潜在思念発で現実を捉え認識の習得へ 田宮昌明 06/07/24 PM09
126658 現在、我々は「期待圧力」の真っ只中にいる 匿名希望 06/07/24 PM06
126543 なんで屋という突破口の凄みをお題でも伝えたい 柳瀬尚弘 06/07/22 PM10
126538 関係パラダイムの逆転がエンジン装置になる 斎藤直 06/07/22 PM09
125405 図解化挑戦 西田咲季 06/07/10 PM02
125402 人収束と認識収束 555-666 06/07/10 PM01
115196 関係パラダイムと観念パラダイムの関係 匿名希望 06/05/21 PM09
「警戒心」<「好奇心」 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/21 AM08
98968 関係能力の捉えなおし 安西伸大 05/10/12 PM08
個別ブログにおける具体的提案事項 「なんで屋−驀進劇−」 05/10/03 PM07
92800 肯定視のオーラ 阿部佳容子 05/06/16 PM05
なんで屋って何?+ドリコムに掲載されました 「なんで屋−驀進劇−」 05/06/04 PM04
90823 認識営業の移り変わりについて質問 中北千奈美 05/05/15 PM11
90451 自分=他人の気付きから広がる地平 田中令三 05/05/11 AM08
反応充足と構造認識の深化が肯定視を生み出す 「開放空間「THE ROTEN」」 05/05/09 PM06
88523 実現の可能性vs不可能視 佐藤晴彦 05/04/07 PM10
88252 おそまきながらみんなの答えの供給を受けて現場での関係パラダイムの逆転 佐藤英幸 05/04/02 AM00
87752 露店での体験 八代至誠 05/03/22 PM09
85827 潜在的な人収束とは裏腹に警戒せざるを得ない今日この頃 松下直城 05/02/17 PM00
皆の活力を再生するには 「なんで屋−驀進劇−」 05/02/09 PM09
84650 新らしい仲間収束が生み出す実現態 ジャック・ダニエル 05/01/26 PM04
82550 充足媒体に必須の大きな声と笑顔 仙元清嗣 04/12/14 PM09
82158 古い人間関係も、新観念で塗り替え可能 佐藤賢志 04/12/06 PM03
81523 聞かせてください 長学 04/11/26 AM00
43604 課題を共有できたことで、強いつながりを感じた 山崎許子 02/11/08 AM00
43357 相手にも、あの充足感を味わって貰う。 佐々木健二 02/11/02 PM11
43115 潜在思念は新しい関係を求めている。 丸一浩 02/10/30 AM00
43114 現実(期待と応望の交信)の真っ只中に入り込む 佐藤祥司 02/10/30 AM00
43088 「人間関係」のパラダイムの逆転 岸良造 02/10/29 PM11
42951 “人類みな兄弟” 米山薫里 02/10/26 PM11
42926 潜在思念の可能性収束 岡本誠 02/10/26 AM02
42918 パラダイム転換の最基底部は、「関係世界」だったのか・・・ 松尾茂実 02/10/26 AM00
42913 思いっきり人収束してみる 伊藤浩 02/10/26 AM00
42912 昔見た光景に近い 庄恵三 02/10/26 AM00
42911 こういう可能性を得られる場であることを伝えたい 菅原正輝 02/10/25 PM11
42908 仕事関係でも、古いしがらみには、みんな飽き飽きしている 本田真吾 02/10/25 PM11
42885 道行く人を期待視することによって… 前田かおり 02/10/25 PM09
42871 机上の空論にしないために 高利 02/10/25 PM01
42870 場の転換がやってきた 木村明子 02/10/25 PM01
42859 身近な例から ごんべえ 02/10/25 PM00
42855 関係パラダイムの転換をチンケな社会運動に流産させないためにも認識営業 匿名希望 02/10/25 AM02
42847 壮年の男たちの関係パラダイムが変わる場 山田渉 02/10/25 AM00
42845 見知らぬ人と語り合う光景のイメージ 熊澤敬輔 02/10/25 AM00
42837 出会いの全てが認識の種 喜田育樹 02/10/24 PM11
42832 関係パラダイムの転換が突破口 斎藤裕一 02/10/24 PM11
42815 気にしていなかった街行く人を感じてみる。 近藤文人 02/10/24 PM09
42804 二重の逆転 吉国幹雄 02/10/24 PM01
42803 意識の変化 たのむで今岡 02/10/24 PM01
42795 善意の心が素直に感じられる心 大地の子 02/10/24 PM01
42790 認識営業、初めの一歩 unclefootballer 02/10/24 PM01
42788 新しい関係に期待! 藤岡聖子 02/10/24 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp