共認運動をどう実現してゆくか?
42776 関係パラダイムの逆転1
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 02/10/24 AM02 【印刷用へ
『誰でも営業』への期待や成功(充足)事例が次々と投稿されている一方で、多くの皆さんが『誰でも戦略』にとまどい、知人戦略から脱却できないでいる様にも見受けられる。
それは、街を行く見知らぬ人々の警戒心を想えば、『いつでも、どこでも、誰にでも』語りかけることがためらわれ、どうしても顔見知り(=既成つながり)に拠りかかってしまうからであろう。確かに、それが私権時代の人間関係の「常識」であるが、その「常識」を塗り替えない限り、「それ(見知らぬ人に対して、ためらい、立ちすくむの)は当り前だ」という所で終ってしまうことになる。

見知らぬ人に対する警戒心は、実は私権時代だけではなく、原始時代、更には真猿時代から刻印されている。そして、真猿時代以降の警戒心は、全て縄張り闘争(≒私権闘争)に基づいている。縄張り闘争≒私権闘争の故に、周りは「全て敵」となり、見知らぬ相手には最大限の警戒心をもって身構える訳である。
それを超越しているのは、もっと奥にある原猿回路だけである。そして、原猿は縄張り闘争を既に諦めているが故に(かつ極限的な不全を孕んでいるが故に)警戒心を突破し得たのだとすれば、既に私権の可能性を見失い、大きな社会不全を孕んだ現代人の心底は、まさに原猿と同じである。
従って、私権圧力が衰弱し、私権の追求が馬鹿らしくなってくると、身構える必要も無くなってゆく。それどころか、社会不全⇒認識収束という普遍期待が強まってくると、周りは「全て敵」から「皆、仲間」に大逆転してゆくことになる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_42776
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
みんなが笑顔になる魔法☆+゜〜肯定視が、健康の源。その4「みんな必要!」 「地球と気象・地震を考える」 10/09/28 PM09
237948 みんな=仲間という感覚が共認充足を深める☆ 谷口知世 10/09/16 PM00
237943 充足可能性に導かれ、進化してゆく。 ぴのこ 10/09/16 AM03
237906 警戒心を抱く必要のない課題共認が突破口 スガイク 10/09/15 PM00
204075 誰でも認識仲間に成り得る ぴんぐー 09/04/10 PM10
94332 関係パラダイムの逆転→観念パラダイムの逆転へ! 佐藤賢志 05/07/11 PM11
89732 『みんな』 の期待が結晶となって、私は今ここにいる。 浅田祥幸 05/04/29 AM02
一歩を踏み出す勇気。 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/04/26 PM01
85331 比較 ミスター 05/02/08 PM02
43502 一見逆、個室収束と人収束。 佐々木健二 02/11/06 PM09
43360 自ら働きかける 岩井裕介 02/11/03 AM00
42909 皆で認識営業! 一力広明 02/10/25 PM11
42867 「皆、仲間」という関係に向かう 松下直城 02/10/25 PM01
42835 まずは声をかけてみないことには 山崎許子 02/10/24 PM11
42809 みな原猿と同じなのだから 石野潤 02/10/24 PM03
42800 「ちょボラ」考ー古色蒼然の意識操作を超えて 中村朋子 02/10/24 PM01
42799 ニコッとできる瞬間 magarimame 02/10/24 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp