素人による創造
42493 認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
 
山崎許子 ( 25 札幌 OL ) 02/10/19 PM11 【印刷用へ
 先日認識営業をして、「反応充足」というものを実感しました。

 反応充足の中身には、相手の期待に応える事ができたという喜びだけじゃなくて、この認識は本当に使えるものなんだと確信できた喜びで、二倍の嬉しさがありました。
(新しい認識を得ただけでは、頭で分かっていても、それは本当に自分のものにはなっていなかったが、仲間が同じように認めたことで、本当に確かなものとして改めて体の中に刻まれてゆくのが分かった。)
 さらに、相手の期待にもっと応えようとして、必然的に勉強するようになりました。実現論をもう一度読み返してみたり…。でも、本人は勉強しているという感覚ではなく、必要だからするという感覚。とても自然な形・流れで勉強している。

 認識を伝えた相手の立場になってみると、相手にも反応充足を体感させなければ、その認識が確かなものという実感は得られないはず。ならば、認識を伝えるだけでは、認識営業は完了していなくて、伝えることの充足感を得て、自然と勉強するようになるまでは、終わりじゃない。
 認識を伝えた相手と一緒に、また別の相手に認識を伝える。一緒に反応充足を味わって、手応えを得ている姿を確認する。そして一緒に勉強する(オフ研修会では、仲間と一緒に認識営業戦略も考えたいなぁ)。

 ここまでしないと認識を伝えたことにはならないんじゃないかな。つまりこれが、認識を伝えた後のフォローの中身だと思いました。
 
  List
  この記事は 42458 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_42493
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
127652 対象(相手)に同化し、応合するということは、 河野梨恵 06/08/07 AM04
120941 新概念はみんなで作ったもの。だからつかいこなすには、みんなを利用する 志水誠 06/06/14 PM10
99758 あらゆる問題をみんな不全に引きつけ、繰り返し考えてみよう! 大嶋洋一 05/10/25 PM08
96867 新認識を学ぶ活力源 安藤太地 05/09/05 PM05
96301 活力再生の輪を広げる 嶺山志保 05/08/21 PM11
使う使う使う 「開放空間「THE ROTEN」」 05/08/10 PM06
95720 答える=供給者をつくる 河野梨恵 05/08/08 PM06
91344 構造認識の連鎖、可能性の展開 井上誠 05/05/24 PM05
仲間と一緒に楽しみながら新概念を習得 「開放空間「THE ROTEN」」 05/05/22 PM07
87068 新概念を使えば、潜在思念が精錬されていく 小林雅志 05/03/09 PM11
85568 みんな、相手が充たされていく姿をみたいんだ 本田真吾 05/02/12 AM02
84367 まずは身近な所から 吉岡由香里 05/01/21 PM08
82634 なんで屋露店の弟子を作ることで、新概念を使いこなせるようになる 小圷敏文 04/12/15 PM11
82595 共認回路のメンテナンスから 小刀 04/12/15 AM04
82586 相手を供給者にできるのは、供給者だけ 安西伸大 04/12/15 AM01
42781 認識営業に終わりはない。 田原康夫 02/10/24 AM03
42638 反応充足の相乗効果を生み出す場がオフ会 新井重雄 02/10/22 PM10
42536 実感と課題の共有 にっすぃ〜 02/10/20 PM06
42531 喜びの連鎖 佐々木健二 02/10/20 AM04
42528 相手の期待を感じられるからがんばれる。 高田康史 02/10/20 AM01
42524 認識営業って簡単には終わらない 久保田彰子 02/10/20 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp