企業を共同体化するには?
419 闘争と生殖の包摂A
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/02/23 AM02 【印刷用へ
それでは、現実的にはどういった実現形態が考えられるでしょうか。
「昔に戻れ」ではあまりにも非現実です。

そこで登場してくるのが、久坂さんも書いているように、新たな集団・つながりともいえる、有閑層のサークル及びネットワークではないでしょうか。
近年の特徴として、趣味・遊び系ではなく、育児・ボランティア・社会的活動etcの課題を下にみんなが集まり、かつそれで充足しているのです。これは、課題も期待も排除した密室空間に比べて、遥かに真っ当な集団だといえると思います。

しかし、問題もあります。

サークルという域にとどまり、それで生活できるわけではない事。
この点は、各団体の事業化という傾向も最近強まり、徐々に皆その限界を超えようとしていると思います。実現論の「私益追求の為の仕事はお金になるが社会の為の仕事はお金にならないのはおかしい」を夫々が実践しはじめているとも言えます。

問題は、サークルという域でとどめ、厳しい評価に晒されない言い訳を残している事。自己満足に終始している事。
これは現場の人からよく聞く言葉ですが、例えば、「ボランティアだから」「無償だから」ということで手を抜いても許されると勘違いしたり、それだけで有難がられて当然と傲慢になったりする、といったような現象に表れています。また、気が向いたときにする(仕事にする気はない)のですから、自分中心にもなると思います。

サークルが役割を担おうとする為、それを事業にはしにくいという事。
これは上記の要因とも関係しますが、趣味や施しのような意識で取り組む人々がいる以上、同じ土俵でお金を貰う仕事というのは、成立しにくいのです。
タダより質が問われるようになれば変わるかもしれませんが、それには、そこにそれだけお金をかけてもいい・他にお金をかけるよりもそこの方が大事、となってからの問題です。
介護にも社会問題にも消極的で真剣には考えない人々の価値観を、そこまで持っていくのはけっこう難しいでしょう。


又、企業でも人々は、お金などの条件よりもやりがいや社会への貢献度を重視し始めています。

しかし通常の企業では、みんな従来の価値観や体制に囚われ、その本源収束を発揮することも難しい状況だと思います。

又、企業に対する警戒心や否定視が強く仲間意識も希薄な為、殊更この場では「権利」「個人」etcを主張し、何かを成すことよりも自分を守ることに意識が向かいます。
そして企業にとっても、夫々が好き勝手にやるプライベート(解脱や性)を持ち込んでもらっては困るので、それを制御して取り込む術も無く切り離すしかないのです。



限界はいつも“現代の価値観”“固定観念による不可能視”と“自分第一=エゴ”にあるように思うのです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_419
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
220746 人間形成 kenn 09/11/28 PM10
216320 可能性に向かって社会は急変している! 猪飼野 09/10/03 AM01
27828 初投稿記念「西知子氏、闘争と生殖の包摂@とAを読んで。」 佐藤英幸 02/03/31 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp