新しい男女関係(→婚姻制)の模索
418 闘争と生殖の包摂@
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/02/23 AM02 【印刷用へ
(闘争と生殖が分断された空間での子育ての問題性までは共認されたとして一旦話を進めます。)

それを妨げている要因

○家庭を絶対不可侵な領域として守ろうとする意識
→夫々自分が王様で居られる家庭をつくり、好き勝手にやりたい。
 他人が家庭の問題に干渉するのも口を出すのもイヤ。
 ましてや非難されるなんてとんでもない。

○家庭から圧力を排除しようとする意識
→人の目はしんどい、人の期待はわずらわしい。
 課題だなんてもっての他。
 成果を求められ客観的に評価されるなんて耐えられない。

○家庭内に囲い込んでおこうとする意識
→家も時間も夫も、自分のものなんだもの。
 もらえるものはもらうけど、それを分け与えるなんてイヤだわ。
 助けも愛も、いつも自分を最優先してくれるのが当然。

○自分が豊かになればいいという意識
→自分たちの財を増やさなきゃ。便利な方がいいし。
 その為には市場社会ももっと効率化して拡大してくれないと困る。
 自営業よりは会社に出稼ぎに行ってくれたほうがいいわ。


原因が分かっていながら何故解決に向かわないのか?
「答えが無いのではなく、答えがあるにも関わらず己の都合を優先する」
だからこそ通常の危機状況ではなく、末期現象=滅亡なのではないかと思います。
自己のみを対象(何よりも優先)とし危機を捨象して可能性に収束しなくなったらお終いです。

いくら問題意識を強調し理想や規範を強めようとも、そこの意識に踏み込まない限り、変わらない(変われない)のです。
「親が孤立して子育てしているのがいけない」「公の場での規範教育が必要」と叫ぶ一方で、「プライベートに干渉しないで」「規範を押し付けないで(好きにやらせて)」というエゴを、「個人」「自由」「恋愛」etcで美化して頑なに守っているのですから。

エゴや自己正当化を許容したままの問題解決はできません。それは、今までどれだけその範疇で突破口を探ろうとしても、一向に良い方向に向かわなかった事実からも分かる筈です。
だからこそ、どんなに価値対立が起ころうとも、実現論ではその部分は外せない主要論点なのです。(もちろん、表現・方法etcは今後も改良を重ねてゆく必要があります)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_418
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
307154 生産と生殖を一体とする子育て〜“母達”と育てられる安心感〜 三上香緒里 15/08/25 AM00
216312 家庭の私権(自我)も社会の私権衰弱により崩壊しつつある ギニュー特戦隊 09/10/02 PM11
130067 母親よりも父親が子育てに熱心になってくる。 匿名希望 06/09/05 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp