生物学を切開する
41310 免疫機能は、自己か非自己かではなく、仲間か仲間でないかを認識する
 
冨田彰男 ( 38 兵庫 経営管理 ) 02/10/02 PM10 【印刷用へ
9月30日読売新聞夕刊に次のような記事がありました。一部引用します。

>がん細胞は、外界からの侵入者でないことを示す「身分証明書」にあたる物質を表面に持つため免疫システムの攻撃をくぐり抜けており、この物質を壊すと、がんがかなりの割合で破壊されることを、京都大学医学研究科の湊長博教授、本庶佑教授らのグループがマウスの実験で確かめ、米国科学アカデミー紀要に報告した。免疫力を強めて抑え込む従来のがん免疫療法と異なり、証明書を無効にして明確な「異物」にする手法で、ほとんどのがんに対処できる新しい治療法につながると期待される。<

>この物質は「PD−L1」というたんぱく質で、動物の種によって構造に差がある。正常細胞のほか、肺がんや乳がんなど、がん細胞の表面にも存在することが今年、確認された。一方、免疫をつかさどるリンパ球の表面には、本庶教授らが1998年に見つけた「PD1」という読み取り機があり、ここに自分の体で作られたPD−L1がくっつくと、リンパ球は「仲間の細胞だ」と認識して攻撃を抑える。<

>がん細胞は、正常細胞からかなり変化し、通常でない細胞が表面に出ているが、免疫による強い攻撃は受けないのが特徴。グループは、リンパ球が一応、がん細胞を不審者として怪しむものの、PD−L1という証明書を持ち、他の生物や他人の細胞ほど著しい違いがないので、攻撃に踏み切れない、と考えた。<

>マウス10匹の皮下にPD−L1を持つがん細胞を移植したところ、そのままだと30日以内にすべて死亡したが、PD−L1にふたをする抗体を腹腔内に注射した場合は、10匹とも40日以上生き延びた。うち6匹はその後死亡したが、4匹は完全に治った。また、読み取り装置のPD1を生まれつきリンパ球に持たないマウスではがん細胞を移植しても100%治った<

生物学者の多くは、免疫の仕組みについて自己と非自己の概念を使っています。免疫細胞が自己と認識したものは攻撃せず、非自己と認識したものを攻撃するというわけです。ところが、上記の記事によると、ある部分に共通因子があれば仲間と認識して攻撃せず、共通因子がなければ攻撃するということです。つまり、免疫細胞は自己か非自己かを認識しているのではなく、仲間か仲間でないかを認識しているというのが事実なのです。

「可能な限り多様な変異体=同類他者が存在していること自体が淘汰や進化の源泉であり、従って、可能な限り多様な同類他者を作り出すことこそが淘汰や進化を生み出すのである。(61)」ということが、免疫機能についても言えるのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 60 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_41310
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
226325 密かに忍び寄る突然変異による薬剤耐性感染病 山上勝義 10/02/12 PM06
42073 免疫系の仲間認識と分子レベルの自己・非自己 1 斎藤幸雄 02/10/13 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp