生命原理・自然の摂理
4123 共生思想ということ
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/05/15 PM01 【印刷用へ
こうえいさん、こんにちは。梅原猛の『共生と環境の哲学』ですか。まだ、私は読んでいませんがおもしろそうですね。「共生と環境」というテーマで梅原猛がいよいよガイア理論(仮説)との関連で述べているのかと驚きましたが、こうえいさんの抜粋から憶測するに、そうではなさそうですね。

>「いままで未開とか原始という名で軽視されてきた民族がもつ、深い隠された知恵にこそ学ぶべきものがある。そういう民族の文化のなかには、いかにして人間が自然と共生していくかという深い知恵が隠されている。」<

これは、レビィ・ストロースの構造主義とは全く異なったものですね。むしろ、「人間と自然との共生」という価値を過去(もちろん未開部族でもよいですが)に見出そうという積極的な考えですね。歴史を遡って現在の問題を構造的に明らかにし、突破口を見出すという姿勢は実現論に通じるものだと思います。
 
ただし、私は自然と人との共生というときに、確かにあらゆるものを「共生」とか「共進」という概念で説明できそうな気もしますが、ゆはり盲目的な「共生思想」と言うのは危険であり、原始人よりもはるか以前の生物(生命体)は、本当に環境との共生戦略をとってきたのかという検討と、その共生の中身を明らかにすることが必要ではないかと考えます。

まず、共生のイメージを持った方がよいかと思いますので、共生について。共生とは生物学では「異種の生物が物理的に接触して、一緒に生活している現象やその生活システム」(本来はあくまでもシステム)の事を一般にさしています。そして重要な視点は、「共生によって、新しいものが生まれる。違うものになる」という点です。そして、一つだけでは独立して存在できず(生物にならず)、二つがそろって相互作用があって初めて生物(共生体)として存在できるわけです。

「人間と自然との共生」というように拡大して共生という言葉を使ったとしても、上記の点は押さえておく必要はあるでしょう。人間と自然との共生体とは、人間が自分達を取り巻く自然環境と生命的な調和をもち、自ら組織化していくことのできる一個の巨大な生命体(生命圏)として、捉えるということでしょう。梅原猛が構造主義から展開しているとすれば、この調和した生命体(全体)を最上位の階層に置き、その下にさまざまな生物(もちろん人間も含まれます) 達(個)がおり、それぞれがまた自然との共生体として秩序化しており、最下層に地球という自然環境ということでしょうか…。この3者の調和が重要であり、それがどのように果たされてきたのか…。その階層間の関係と全体との関係…。

私はもちろん、共生あるいは秩序という言葉には、競争とか規制という意味も含まれていると思いますので、間違っても、「みんな仲良し」的な言葉としては捉えていませんが、「共生思想」を甘い言葉にしないためにも、やはり生物の適応戦略を鮮明にしていくことが重要ではないかと思っています。
 
  List
  この記事は 4088 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4123
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
サルからヒトへの足の指の変異:『地上生活順応説』には物証もなければ論理的反証が多すぎる
ヒトはいつから言葉を話し始めたのか(2)
人類史を追求する意義と視点
原基構造の不変部分と可変部分
地球の気候変動と人種移動
モンゴロイドの歴史@ 20万〜4万年前 スンダ・モンゴロイド、北方モンゴロイドの誕生
モンゴロイドの歴史A 4万〜1.3万年前 中央アジア・モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史B 1.4万〜1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
モンゴロイドの歴史C 1万年前〜6000年前 新モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史D 5500〜3000年前 寒冷化→新モンゴロイドの本格的な南下→中国へ
モンゴロイドの誕生と北方への進出
南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生
北方モンゴロイドの拡散(ツングース族、モンゴル族、テュルク族の起源)
家畜化と農耕と遊牧、都市国家1〜家畜化と社会余剰〜
家畜化と農耕と遊牧、都市国家2〜家畜化と社会余剰〜
牧畜によって何が変わったのか?
遊牧によって何が変わったのか?
交易によって何が変わったのか?
遊牧部族の父系制転換
中国文明の起源
遊牧民の中国支配史2: 〜夏・殷・周の成立〜
遊牧民の中国支配史3: 〜春秋戦国時代・秦〜 550年間にわたる遊牧部族同士の同類闘争が、心を歪ませ、思想を発達させた
遊牧民の中国支配史4:漢の時代〜冊封体制と朝貢制によって中国史上初の私権統合体制を実現した漢帝国〜
遊牧民の中国支配史5: 〜五胡十六国・南北朝の時代〜 400年に渡る戦乱により、血縁を紐帯とした部族集団が悉く解体され、現代中国の原型=3層の人民構成が形成された
中国とは何者か?−ヨーロッパとイスラムと中国−
潮流1:共認原理と私権原理
2600年前頃、古代宗教・思想の世界同時成立期・・・・そして大転換期の現代
1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった
原欧州人とシュメール人の出自
5500年前、イラン高原で最初の略奪闘争(戦争)が勃発
3500年前、コーカサスと地中海は略奪部族の支配国家と山賊・海賊だらけになった
2900年前、海の民の侵略で地中海沿岸の部族共同体は崩壊
略奪集団であるが故に自我の塊になった西洋人
西洋人の精神構造と異常な性意識

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp