次代の活力源は?
40913 古い人間関係は、影が薄くなるばかり
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 02/09/27 AM05 【印刷用へ
私権の衰弱に伴う「集団」からの離脱ベクトルがどんどん強くなってゆく流れの中で、「集団」を母胎とする古い人間関係もどんどん影が薄くなってきた。
考えてみれば、夫婦であれ、同僚であれ、旧友であれ、その関係の先にはもはや何の可能性も見えず、会話も同じような話の繰り返しで本当はお互いに飽き飽きしている。だからこそ、いつも「何か面白いことはないか」と探し求めるのである。

そこで、まず「集団」の外に、新しい仲間を求めようとする。これが、人(ヒト)収束の潮流である。しかし、メル友を求めても、あるいは旅行に出かけても、イベントに行っても、サークルに入っても、それが現実から逃避した活動である限り、その先に何の可能性もなく、すぐに飽きたり虚しくなるのは、古い関係と変わらない。
メル友にしろ、イベントにしろ、サークルにしろ、それら「集団」の外に求めた筈の関係が古い関係とあまり変わらず、相変わらず充たされ無いままに留まっているのは、それらが(現実逃避ベクトルに貫かれたままであるが故に)人収束の更に奥にある当事者欠乏を充たすことが出来ていないからである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_40913
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
152279 自ら動く ageyaki 07/05/22 AM10
138121 殿村進著 「心の本」を読んで ポパイ 06/11/22 AM01
125058 人収束 匿名希望 06/07/06 PM07
101559 探し求めつづける 廻神泰郎 05/11/28 AM11
96863 評価・追及の場の持つ力 蝦夷穴 05/09/05 PM02
95456 若い世代の脱集団―その断面 村田貞雄 05/08/02 AM11
95073 当事者になることで可能性を感じる。 あいうえお 05/07/25 AM00
93994 真の仲間探しの潮流を造るために ブルマン 05/07/06 AM05
92842 「集団」に留まらず、意識を外へ向ける るぎあ 05/06/17 PM00
人々に蓄積された不全度は、もはや無視できるレベルには無い 「開放空間「THE ROTEN」」 05/05/07 PM02
89951 集団からの離脱 匿名希望 05/05/03 AM10
89789 人間関係は廃れるが認識は色褪せない。 松下直城 05/04/30 PM02
84358 大学のサークル 平松拓也 05/01/21 PM03
84167 「関係」じゃなくて、課題が大事 藤岡聖子 05/01/18 AM09
82716 今必要なのは答えの供給者になること 芝田琢也 04/12/17 PM02
82669 まちづくりの新たな可能性 雪竹恭一 04/12/16 PM09
82659 露店で、知らない人としゃべりやすいのはなんで? 大森義也 04/12/16 PM07
82344 古い友人って以外と可能性ある? 匿名希望 04/12/10 PM05
82294 活力源は自分の外側にある 川井孝浩 04/12/09 PM06
41364 当事者欠乏とは 匿名希望 02/10/03 PM01
41254 古い集団や人間関係からの離脱が“新しい認識”を求める 丸一浩 02/10/02 AM01
41151 「何か面白いこと」の転換期 松井英仁 02/10/01 AM01
41150 一緒に今までの人間関係を超え出たところの社会を捉えに行こう 八木繁昭 02/10/01 AM01
40978 当事者としてかかわること 吉川明博 02/09/27 PM11
40939 今いるところで現実と社会を対象化する 藤本正義 02/09/27 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp