生物の起源と歴史
40177 アレルギーの基礎事実(アレルギーの原因)
 
吉国幹雄 ( 50 鹿児島 講師 ) 02/09/17 PM01 【印刷用へ
アレルギーが何故起こるのか。この点について、現在ほぼ正しいとされている事実を挙げておきます。

●アレルギー発症の遺伝的な決定

同じ抗原を注入しても、発症する人と発症しない人がいる。遺伝するということなのですが、遺伝しているのは発症させる遺伝子ではなく、抑制遺伝子(HLA-DQ)で、実はこれが劣勢遺伝だということです。(つまり、父も母も両方が持っていなければ遺伝しない)。この遺伝子がないと(免疫反応を抑制する)サプレッサーT細胞を充分に作れない。これが、アレルギー治療を難しくしている原因の一つになっているわけです。免疫抑制剤を使うと、ますますサプレッサーT細胞の力が抑えられてIgE抗体の生産が上昇してしまう。

*アレルギー反応というのは、免疫系が働いていないのではなく、過剰に局所的に反応(興奮)している状態ということになります。

*最近アトピーの遺伝子が固定されたという話があります。母親経由で子供にアトピー素因を伝えるそうですが、これについてはまた必要があれば、調べたいと思いますが、いずれにしろ、遺伝的な要因があるのは確かです。ただし、『遺伝』だけの理由だと何故最近になって急激にアレルギーが増えたのかの充分な説明になっていないように思えます。
ただそれでも、このことだけからも推論できることは、人口物質という異常な抗原(杉の花粉も森の生態系を壊して、杉を多量に植えたという人工的要因です)が増えて免疫が異常に活性化したことが原因であるということになります。つまり、直接的には外部環境の悪化ということでしょうか。

●自律神経失調

病院に行ってよく分からない病気は、最近はすぐに「自律神経失調症ですね」と言われるようです。免疫系と神経系は「進化論」の会議室でも以前少し議論したところですが、お互いに密接な関係にあります。

9月16日付けの読売新聞に掲載された「生活の中の免疫学」の中で、「免疫の仕組みと自律神経」という新潟大学の安保徹さんの講演記事が載っていました。

「私たちの体は、機能が異なる細胞で作られています。どの機能を働かせるかを瞬時に決めるのが自律神経で、免疫と深いかかわりがあります。自律神経は、交感神経と副交感神経の拮抗関係で成り立っています。(中略)この自律神経に、白血球の二つの成分が支配されていることが八年前、私たちの研究で分かりました。二つの成分とは顆粒球とリンパ球です。交感神経が活発になると、顆粒球が増え、副交感神経が活発ならリンパ球が増えます。(中略)(リンパ球が)増えすぎると、アレルギー症状を起こしやすくなります。リンパ球は日中は少なく、夜は多くなるので、アレルギー症状などは夜間におきやすくなります。(以下略)」

だから、「リラックスするとなおる」ということですが、これでは何にも原因を追究していないことは言うまでもないことなのですが、確かにストレスや精神不安などによって神経系統の秩序(統合)が破壊され(つまり不全状態)となり、それが免疫系の不全を引き起こして秩序化されないために、アレルギーが発症しているということは言えるでしょう。

*そうすると、この問題は精神破壊という次元で捉えなおすことが出来ます。私権時代以降人類が間違った観念機能の使い方をしているからか、観念の閉塞で統合不能になっているのか…。親和回路を中心とする充足回路が生まれてから充分に形成されていないからか…。

*それでも、なぜアレルギーとして発症するのか、精神破壊から肉体破壊への繋ぎの問題解明も次に必要ではないでしょうか。私は神経系も免疫系も認識機能(外識・内識)が一番ベース部分ではないかと思いますので、認識機能がシステムとしておかしくなる、その原因をも明らかにする必要があると思います。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_40177
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
クラスに1人が食物アレルギー!? 「Biological Journal」 07/04/14 AM00
125419 アレルギーと皮膚の潤い korokoro 06/07/10 PM06
120837 否定視発アレルギー 匿名希望 06/06/14 PM05
40272 アレルギー発症の根本原因の追求(環境要因、その1) 吉国幹雄 02/09/18 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp