恋愛って、何?結婚って、何?
39033 恋愛って難しい・・・。
 
出井郁代 ( 21 学生 ) 02/08/31 PM06 【印刷用へ
 「相手のためを思って叱ったはずが、相手にその気持ちが伝わら  ず、結局喧嘩っぽい気まずい雰囲気になって辛い・・・。」

 最近こう思う事が多いような気がする。

 吉岡さんの‘例えば気持ちのすれ違いを感じた時は、「私の何か がきっといけなかったんだ。どうすればいいんだろう・・・」っ て不安になって、全く自分らしい恋愛が出来なくなってしまう。’

 「自分らしい恋愛」って考えると今してる恋愛も過去の恋愛も、それが自分らしい恋愛であるかどうかは分からない。でも常に一致してる気持ちは相手を好きだと思う気持ちと、大切にしたいと思う気持ちと、相手に何か自分が出来る限りの精一杯の事をしてあげたいと思う気持ち。自分を押し殺してまでするような恋愛を続けるような事はなかったと思うし、もしそのような状態に陥ってた恋愛があったとしたら、無理して続けていてもいずれは続かなくなっていたと思う。そう考えると私は自分らしい恋愛をしてきたのかもしれない。

 ただ自分でいつも思うのは相手が離れていってしまう事を恐れる気持ちが人一倍強いとゆう事・・・。
 誰に聞いても私が正しいと言われる事でも、その事で彼氏と気持ちのすれ違いが生じて喧嘩になって、それが終わると同時に自己嫌悪的な気持ちで一杯になってしまう。
 「また怒ってしまった・・・。」
 「(彼氏が間違っていたとしても)私が何も言わないほうが良か  ったかも・・・。」
 「どうゆう風にしたら喧嘩っぽくならないのか・・・。」
 「(自分が悪いと分かっていても)彼氏は喧嘩になった事で私に  対して嫌気をさしていないだろうか・・・。」
 そんな反省と自己嫌悪の繰り返し。

 決してしんどいとは思わないけど、辛くなる時がある。よく「喧嘩するほど仲が良い。」とか、「好きだからこそ喧嘩する。」って言うけれど、私の中ではそう思えない。‘喧嘩=二人の仲を壊すモノ’と思ってしまっているからだと思う。だけど意見や思想の衝突で喧嘩になるのを避けて、自分の思った事何一つ言えず平和だけを求めて恋愛するのは良くないと思う。

 丁度真ん中がないかなぁと思ってしまう。言いたい事や言わなきゃいけない大事な事は言うけれど、ちゃんと話し合えて喧嘩にはならないって状態。

 真正面からぶつかり合って、その都度解決して仲良く理解し合えるのがベストだと思うし、そうしないとお互いにとって良くないとは思う。実際今の関係はそれが成り立っていて、うまくいってるとも思うけれど、やっぱり喧嘩は私にとって恐怖そのもの。難しい・・・。
 
  List
  この記事は 38669 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_39033
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
39125 恋愛は自分の拘りでしかない・・・ 秋山仁美 02/09/02 PM04
39123 何のための”ケンカ”? 吉岡由香里 02/09/02 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp