生物学を切開する
38482 機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/08/23 AM00 【印刷用へ
本能進化と共認機能の関係が議論されている。少し遠回りになるがもともとは、サルにおけるアミノ酸置換のスピードの違いから始まった問題でもあり、分子生物学の基礎的事実から押さえていこうと思う。

近年の分子生物学(遺伝子の解析)によれば、生物史において新たな遺伝子が生まれる、あるいは多様化した時期(当然DNA変異も激しいと思われる)は特定の時期に偏っており、それは過去5回ある。
そして結論から言えば、その時期と生物の形態(種)の多様化=新機能の発現の時期は大きく異なっている。

まずは以下に遺伝子の生成や多様化の時期と形態変化の時期(新種の登場)の関係を示す。

@細胞の維持に必須な遺伝子(ハウスキーピング遺伝子)は真正細菌、古細菌、真核生物が分岐する以前に形成されており、すでに遺伝子重複によって多様化している。

A最古の真核生物が登場した約20億年前の前後に真核生物固有の遺伝子が形成され多様化している。その後約10億年間に渡り、真核生物は多様化してきたが、その間ほとんどこの類の遺伝子は新しく登場していない。

B動物固有の遺伝子は、最古の多細胞生物(カイメン)が登場する以前(約10億年前後)に多様化している。主要に細胞間のシグナル伝達系や形態形成に関わる遺伝子群である。多様化は約1億年間で完了し、その後カンブリア大爆発が6〜7億年前に起こり節足動物が登場するなど生物界は一気に多様な種が登場するが、カンブリア大爆発の時期にはほとんど新しい遺伝子は作られていない。

Cその後、組織特異的遺伝子(遺伝子系のサブファミリーに属し、機能的にも構造的にもほとんど同じだが、働いている組織が違うだけの遺伝子)の多様化が円口類(最も原始的な)と魚類が分岐する時期のあたりで急速に起こる(4〜5億年前)。その後脊椎動物は多様に進化するが遺伝子の多様化はあまり起こっていない。

D脊椎動物でその後新しい遺伝子が作られたのは、血管やリンパ球内で働く免疫系の遺伝子のみである。(その時期はまだ明らかではないが、鳥類や哺乳類などの恒温動物が登場する頃と推測される)

以上の事実はまず、驚くべきことに遺伝子の多様化と形態変化(種の進化)が直接的に連関するものでは決してないことを示している。つまり本能進化においては、用いられる遺伝子は殆ど同じものを使っているがその発現の仕方(使われ方が)違うだけであるということを意味する。
>そこで次の仮説は、変異スピードの遅いDNA依存の進化の前に、解読システム変更による暫定適応の進化があるのではないかというものです。(本田さん38176

それが解読システムと呼ぶべきものであるかどうかはさておき、生物の形態変化は、遺伝子の変化によらないことがむしろ一般的なようである。つまり既存の遺伝子をさまざまな形で使う=「発現させる」(しかもおそらく試行錯誤的に)ことで生命体は急速な変化に対する適応を可能にしてきたのではないだろうか?
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_38482
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
進化論の変遷 その1 「Biological Journal」 07/06/14 AM02
ウニの遺伝子数はヒトとあまり変わらない!? 「Biological Journal」 06/11/11 AM03
116096 今後人間はどのように進化していくのか? 匿名希望 06/05/25 PM10
115208 進化はどのくらいのスピードで起こっているのか 匿名希望 06/05/21 PM09
113719 なぜ、遺伝子の多様化が先行したのでしょうか? 原田昭雄 06/05/14 PM09
113711 遺伝子組み換え食品がやばい?(遺伝子の進化と形態変化のずれ) 匿名希望 06/05/14 PM08
111525 遺伝子の機動スイッチ…従来の仮説が覆される! 蘆原健吾 06/05/05 AM00
100204 なぜ遺伝子組み換え食品が危険なの? 安藤太地 05/11/02 AM09
形体変化と遺伝子変化 「Modern Science Critique」 05/09/05 PM01
89053 「組換え機能」の進化 山田真寛 05/04/17 PM10
88996 カンブリア大爆発 仲西大輔 05/04/16 PM11
87137 DNAによらない形態変化 本田真吾 05/03/10 PM10
84753 分子レベルの進化は常に起きている 高田敦 05/01/28 PM01
81970 遺伝子の多様性と、形態進化(大進化)の関係 村田貞雄 04/12/02 PM08
81965 遺伝子発現のネットワークの多様化 斎藤幸雄 04/12/02 PM06
39120 DNAは進化や適応の主役ではない 田中素 02/09/02 AM02
38839 解読システムの高度化が進化をささえる 本田真吾 02/08/28 PM11
38693 遺伝子も適応のための一つの道具 橋口健一 02/08/26 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp