共認運動をどう実現してゆくか?
37960 マスコミが独占している認識評価を私たち自身の手で・・・
 
土山惣一郎 ( 44 山口 デザイナー ) 02/08/16 AM00 【印刷用へ
 ある特定の個人や集団が(皆に認められて選ばれた訳でもないのに)、人類にとって最も重要な共認の中身を支配しているということは、実はたいへん危険なことです。マスコミがしてきたことは、民主主義や言論の自由とは名ばかりで、大衆の「野次馬根性」に付け入ることで、人々の意識をほとんど一色に塗りこめてきたというのは、北村さんの指摘されるとおりだと思います。

 このような共認支配の問題として、マスコミが認識の評価機関としての地位を独占している点がひとつ挙げられます。

 私は10年少し前に、企業の広報担当としてマスコミからの取材に随分対応したのですが、彼らの取材態度はまさに「取材してやる、記事にしてやる」という見下す姿勢そのものであり、原稿のチェックも被取材者側にはさせないし、掲載された記事も(こちらが最も重視して語った内容は無視して)まさに「野次馬」受けする枝葉末節の話ばかりになりがちです。つまり価値判断や評価判断の裁量権に関しては、決して貸す耳を持たないのです。

 評価を密室化し独占するマスコミがつくってきた危機に風穴を空けないと、人類の存亡を決しかねない共認形成を健全化することはできないのは明らかです。

 今話題になっているこの問題は、単にマスコミは不要である(あるいは害である)と断ずるにとどまらず、マスコミに替わる本来の共認形成の「場」の意義と可能性をより鮮明にしてくれるテーマだと考えています。

 皆に開かれた「場」で、皆の評価によって自前の認識と共認が形づくられていくことが、どんなにすばらしいことか・・・。認識は絶対に必要なものだから、皆の総意という最も透明な評価によって認識が精錬されていくという「るいネット」の在り方が、やはり最もふさわしいと思います。

 
  List
  この記事は 37953 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_37960
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
128614 > マスコミが独占している認識評価を私たち自身の手で・・・ 寺嶋眞一 06/08/20 AM11
95110 「評価機関」としてのマスコミが「社会が変わらない」原因だった 阪本剛 05/07/25 PM09
38193 認識形成サイトの可能性 酒井典子 02/08/19 AM03
38123 思考を停止させるマスコミ 喜田育樹 02/08/18 PM05
38118 マスコミ離れはもうすぐそこに来ている。 佐藤晴彦 02/08/18 PM05
38035 マスコミに違和感。 加来野浩史 02/08/17 AM02
38012 マスコミから目を背けよう。 一力広明 02/08/16 PM10
38010 真実は語れないマスコミ。 久保田彰子 02/08/16 PM09
37973 皆の総意という最も透明な場 斎藤一浩 02/08/16 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp