学者とマスコミはグルで頭脳支配
37954 メディアの牢獄から脱するためにA中立を装う価値の裁断者
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/08/15 PM08 【印刷用へ
しかし、それらだけではマスコミが現在のような正統性を得るには至らない。正当性を得るためにはもう一つの条件が必要であった。それが支配(統合)共認の形成機関としての役割である。市場拡大によって人々は私権に侵され、バラバラの個人に解体された。しかし個に解体されたとしても、共認の必要は絶対的であり、とりわけ社会秩序の形成上、統合共認とその為の統合観念は絶対的に必要とされた。

マスコミのもう一つの流れは、明治初期に相次いで設立された東京日日新聞(現在の毎日新聞)郵便報知新聞(現在の報知新聞)朝日新聞等に始まる政論紙としての系譜である。それが明治20年代に入ると文明開化=市場拡大ともに広告の掲載や連載小説の掲載に力を入れ始め、大衆化路線を歩みだす。そして、快美刺激と芸能に相乗りする形で、同時に当時盛り上がりつつあった「自由民権運動の拡大キャンペーン」に取り組む。近代思想の拡販である。そして、その後大正デモクラシーを経て、大戦を挟み戦後近代思想が支配的になるにつれ、彼らは社会共認形成の中核機関となっていく。そして、その結果彼らの立場は「公正中立・不偏不党」に収斂していく。

これが何を意味するか。まず公正中立・不偏不党であるということは、もしそれが忠実に実行されれば、あらゆる潮流に対して均等に距離をおくということになる。つまりそれは100%傍観者の立場を取ることを意味する。
そればかりではない。近代思想が一旦支配観念として確立した以上、「公正中立」であり「不偏不党」であることは、彼らの言説は常に支配観念の枠にあり、それに極めて忠実であることを意味する。つまり支配観念の枠を越えるものごとの捉え方(それは最初は常に少数派の異端として登場する)は異端で在るが故に「偏向」として抹殺されることになる。
つまりマスコミとは、公正中立を装った価値の裁断者なのである(実際彼らが『悪』と裁断することで社会的に抹殺されたものは数知れない)。

マスコミは現実の脚色者として基盤を獲得し、人々の眼を現実から反らせつづけてきた。そして脚色者として事件を作り、更に無効となった旧観念(価値観念)に則ってそれを自ら裁断する、そのような巧みな脚色と演出で人々に誤った価値観念を植えつづけてきた。(まさにマッチポンプとはこのことである)しかもその中味は現実否定に貫かれた倒錯充足の観念群である。(20354「観念パラダイムの逆転2」)マスコミはかかる手口で人々を無力な傍観者に追いやってきたのである。

しかし代償観念に過ぎない旧観念は既に力を失い、彼らのもともとの力の基盤である代償充足の欠乏も急速に衰退しつつある。実は今や彼らには力の基盤はない。この間の節操のない日替わりの主役交代(小泉、鈴木宗雄から田中真紀子にいたるまで)は、彼らの三文脚本家としての馬脚を露呈している。

だとすれば、後は彼らの流す言説(脚色と演出)が全て今や無効であり、かつ誤りである、と明確に意識的に断ずること、これこそが既に力を失いつつある支配観念と代償充足の檻から抜け出し、当事者として自分自身の目で状況を捉えてゆく第一歩になる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_37954
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
マスコミは中立か…? 「にほん民族解放戦線^o^」 06/08/18 PM10
38338 マスコミは不要だ!! 丸一浩 02/08/21 AM01
38333 惰性から抜け出そう 庄恵三 02/08/21 AM00
38167 広告主と市場には逆らえないマスコミ 前上英二 02/08/19 AM00
38149 現在的な社会統合機構マスコミが本当の敵 本田真吾 02/08/18 PM10
38140 講釈師、見てきたように嘘を言い 石野潤 02/08/18 PM08
38068 一から自分たちで新たな観念をつくるしかない 麻丘東出 02/08/17 PM08
38060 支配観念と代償充足の檻から抜け出そう 森田政則 02/08/17 PM05
38033 私権観念の崩壊が新聞購読者減少の引き金。 阿部紘 02/08/17 AM01
38001 何ひとつ生産しないマスコミ 衛藤信義 02/08/16 PM07
37998 残心ー常に当事者としてあり続ける。 田中令三 02/08/16 PM07
37997 ゴミよりたちの悪い「言い捨て」 石橋直樹 02/08/16 PM07
37993 マスコミは観念混濁の元凶 小林雅志 02/08/16 PM06
37991 Re:メディアの牢獄から脱するために 大木康子 02/08/16 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp