アメリカ→官邸→マスコミによる支配
37953 三文脚本家としてのマスコミ
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/08/15 PM08 【印刷用へ
新聞社の公式のHPにQ&Aのページがあり、「どんな人が記者に向いていますか?」の問いに新聞協会は次のように答えている。(子供向けだけにストレートに答えている)
>記者には「やじ馬根性」が欠かせない。やじ馬は人の知らないことを見たり、聞いたりして第三者に伝え、「へぇー」とか「すごーい」という反応に接して満足する。
記者は出来事や話題ものを取材して、紙面を通して一般の人に情報を伝達する。したがって、やじ馬根性、つまり好奇心がおう盛であることが求められる。もちろん、責任感と正義感を備えたやじ馬(??)であることが必要。(以上リンク

一瞬唖然とした。しかしよく考えれば確かにそうなのだろう。今でこそ社会の公器を名乗る彼らだが、歴史を遡れば新聞あるいはマスメディアの起源は瓦版に遡る。それ以来今にいたるまで、一貫して記事やニュースの中軸にあるのは「対立と異常事件」である。(つまり火事と喧嘩である)
もちろんこれが中軸にくるのは、最も人の耳目を集めやすいからであろう。つまり面白おかしい、おしゃべりのネタとして、それらが最適であるからだ。
それだけではない。とりわけ対立については、政治的対立から始まって夫婦喧嘩の暴露ネタにいたるまで、対立や喧嘩にはどちらが勝つかというゲーム的要素がある(古代ローマの奴隷の決闘と同じ)。かつ喧嘩に近い対立では、自分が心情的に肩入れしているものが気に食わない相手をやっつけてしまう快感がある。あるいは泥仕合の最中にある双方が互いを貶めあうことに対する、自分にもある人間の醜い部分を見ることによる(おそらく自我の)倒錯的充足がそこにある。
一見まともなニュースに見えるものも、よく見るとこれらの要素がいたるところに散りばめられている事に気がつく。つまりマスコミとは単なる現実の傍観者で在るばかりではなく、もっと性質の悪いことに、現実の一部を切り取ってそれを面白おかしく針小棒大に語る、三文小説的脚色家なのだ。

マスコミは市場の拡大と共に勢力を拡大する。つまり市場拡大によって破壊され、喪われた村落共同体の体感共認に対する代償充足の欠乏を栄養源とする。芸能や演劇がその中でも喪われた本源欠乏に代償充足を与えたのに対して、ニュースはおしゃべりのネタ、つまり面白おかしく現実を脚色して発散するという形で、肥大する自我の発散欠乏に照準を当てることから始まっている。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_37953
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
169279 明治時代から三文脚本家だったマスコミ 丸一浩 08/01/19 AM00
「どうする?マスコミ支配」3〜マスコミによる共認支配の手法〜 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/30 PM00
「どうする?マスコミ支配」2〜なぜ、マスコミは拡大してきたのか? 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/29 PM00
165442 本当のことを知る みっき 07/11/17 PM10
マスコミが信用できない!! 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/02/01 AM02
112040 共認充足が得られないのに・・・ 田中健太郎 06/05/08 AM08
110584 マスコミと集団と社会 越見源 06/04/28 PM07
104904 倒錯的充足の恐ろしさ 是永恒久 06/01/31 PM09
103155 共認形成は皆に開かれた場で 田宮昌明 05/12/25 PM07
98966 9・11同時多発テロは自作自演 高梨俊寛 05/10/12 PM07
97533 カメラの向こうの絶対権力者 働く主婦 05/09/18 PM08
95381 好きな情報を好きなだけ得ることのできる状況が生むもの 浅野信夫 05/07/31 AM09
95128 > 三文脚本家としてのマスコミ 寺嶋眞一 05/07/26 AM05
94782 マスコミや学校教育による染脳は子供たちには通用しない 足立晴彦 05/07/19 PM00
93577 記者が露呈したマスコミ三文脚本家の実像 庄恵三 05/06/29 PM08
93098 マスコミの共認力と風評被害 田中修 05/06/21 PM09
93038 「野次馬根性」が傍観意識を助長させる 渡邊真也 05/06/20 PM07
87878 正義感とジャーナリズム 匿名希望 05/03/25 AM00
86138 マスコミに支配されていることを認識する 門奈津子 05/02/22 PM06
83539 マスコミ報道を解脱ネタとして消費してきた側の責任も重い。 日浦雅俊 05/01/02 PM11
38422 マスメディアに内在する自己欺瞞の構図 岩井裕介 02/08/22 AM00
38296 「報道の自由」の無責任さとその犯罪性 藤本正義 02/08/20 PM10
38269 自ら傍観者の集まりと認めている 末永歩 02/08/20 PM01
38254 社会不全を隠蔽する支配装置 越見源 02/08/20 AM00
38184 もはやマスコミは私達には無用の長物 田原康夫 02/08/19 AM02
38179 新しい認識はテレビ離れを加速する 佐藤祥司 02/08/19 AM01
38107 マスコミに対する危機意識 若林勇夫 02/08/18 PM03
38087 人々の代償充足で食っている代償充足の親玉 田中素 02/08/18 AM03
37996 文学全集と百科事典と新聞 石橋直樹 02/08/16 PM06
37960 マスコミが独占している認識評価を私たち自身の手で・・・ 土山惣一郎 02/08/16 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp