マスコミに支配される社会
364434 テレビに出ているハリウッドスターのほとんどは偽物
 
匿名希望 21/02/12 AM01 【印刷用へ
ディープステート(闇の権力)大量逮捕の話を周りの人たちにすると、必ず聞かれるのが、

「あの人、処刑されたって言ってるけど、テレビ出てるじゃん」

ということです。

 これには様々な理由があります。

今日はそのうちの主なものをご紹介していきたいと思います。

リンク


■1.クローン人間■

ディープステート(闇の権力)の幹部メンバーは、ほとんどの場合、自身のDNA を用いて作られたクローン人間を1体以上所有しています。

 地下にあるディープステートの基地には、悪魔礼拝施設、子供たちの監禁施設、アドレノクロムの精製施設とともに、クローン人間の製造工場があることが多いです。

表の世界でも、クローン羊などがすでにできていますので、裏の世界では当然、クローン人間を量産していることは予想できますよね。

これによって、ディープステートは、自分たちの行動範囲を大きく広げることができるというわけです。

クローン人間なんて、完全に同じDNA なんだから、見分けられるわけないじゃん、って、そんなことはありません。

漢字が読めない

オリジナルとクローンの大きな違いは、頭の中身です。

オリジナルは幼少時代から厳しい教育を受け、知性を磨いていることが多いですが、クローンは促成栽培のため、教育時間が足りず、頭の中身が全然ついていっていません。

難しい討論はできないので、簡単なあいさつ程度の会話となり、演説の時は原稿を読み上げるだけです。

■2.ゴムマスク■

もう一つ、下っ端のディープステート、特に芸能人に多く用いられているのは、変装用のゴムマスクです。

 現代のゴムマスクは精巧にできており、顔の筋肉の動きに応じて表情を変化させることもでき、ちょっと見ただけでは見分けがつきません。 

耳の穴がない!

しかしこのゴムマスクには、重大な欠点が一つあり、知っていれば一発で見分けがつきます。

クローンとは異なり、目ではなく、耳にご注目ください。

なんと、耳の穴がありません。

これはゴムマスク製造工程上の都合によるもので、耳に穴をあけるとそこからゴムが破れてしまうため、必ずこうなっているのです。

 これを知っていると、一発で見分けがつきます。

そのほかにも見分けるポイントがあります。

首の付け根

見るべき場所は首の付け根です。

ゴムマスクは、首から上が作られ、首の付け根で肌に接続します。

首の部分に不自然なしわがあったり、首の付け根を境に肌の色が変わっていたりした場合は、ゴムマスクを使用していると考えていいでしょう。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_364434
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
364499 フェイクとしての「ゴム人間」考察 匿名希望 21/02/14 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp