法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
362883 なぜコロナ禍にもかかわらず大学の休退学者が減少したのか?
 
匿名希望 20/12/23 AM09 【印刷用へ
リンク

昨日12月18日20:45に配信された「朝日新聞デジタル」の「コロナ禍で休退学5千人超&#大学生・院生、文科省が調査」というタイトルの記事がある。この記事は、次のような文章で始まる。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、10月までに大学・大学院を退学したり休学したりした学生が少なくとも計5238人いることが18日、文部科学省の調査で分かった。文科省は感染拡大で経済が冷え込めばさらに増えかねないとして、学生らへの支援を拡充させる。

---
コロナ禍で休退学5千人超 大学生・院生、文科省が調査(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、10月までに大学・大学院を退学したり休学したりした学生が少なくとも計5238人

---

ここまで読むと、「コロナ禍」の影響により、大学生・院生が5千人以上も休退学に追い込まれたと感じるのが普通だろう。これは大変な事態だと思う読者も多いかもしれない。ところが、よく読むと、その先には次のような記載がある。

---

文科省が全国の国公私立大に調査したところ、4〜10月に新型コロナの感染拡大の影響を受けて中退した学生・大学院生は1033人、休学は4205人に上った。このうち、学部1年生はそれぞれ378人(約37%)、759人(約18%)だった。一方、全体の中退者は2万5008人、休学は6万3460人で、昨年の同時期と比べると、ともに6833人、6865人減っていた。

---

つまり、退学者は昨年の同時期よりも 6833人、休学者は 6865人も減っている! したがって、実際には「コロナ禍にもかかわらず大学の休退学者が減少した」のである。

なぜこの内容の記事のタイトルが「コロナ禍で休退学5千人超——大学生・院生、文科省が調査」になるのか? 読者の目を引きたいのか? あるいは読者を「ミスリード」させたいのだろうか? いずれにしても、仮に学生が、この内容の記事にこのタイトルを付けたら、アウトである!

もともと、この記事の取材源である第1次資料は、文部科学省高等教育局・総合教育政策局が18日に発表した「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等に対する追加を含む経済的な支援及び学びの継続への取組に関する留意点について(依頼)」である。

それでは、なぜコロナ禍にもかかわらず大学の休退学者が減少したのか?

4月〜10月といえば大学の前期に相当する。今年度前期の退学者の理由は、「経済的困窮(18.0%)」「学生生活不適応・修学意欲低下(17.3%)」などで、2019年度と「概ね同様の傾向」だという。

また、休学者の理由は、「経済的困窮(14.6%)」「心身耗弱・疾患(9.4%)」で、昨年度に比べて「経済的困窮」の割合はやや増加しているものの、「心身耗弱・疾患」の割合は「概ね同様の傾向」だという。

要するに、今年度も昨年度と同じような理由によって、実質的な休退学者の実数だけが減少していることがわかる。

この資料によれば、全体の 98.3%の大学等において「後期分授業料の納付猶予」が実施され、86.4%の大学等において「授業料の納付猶予・分納・減免」に加えて、「給付措置(64.5%)」「貸与措置(31.5%)」「物品支援(48.7%)」といった大学独自の支援措置が取られている。

読者は、今年度前期の退学者と休学者が各々7千人近く減少した理由について、どのようにお考えになるだろうか? 現時点で大学等が行っている支援措置については、いかがだろうか? むしろオンライン授業が、大学生や院生にポジティブな影響を与えている可能性も考えられるのではないだろうか?
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_362883
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp