新しい男女関係(→婚姻制)の模索
362224 日本人女性は性嫌悪がデフォルトという異常事態
 
匿名希望 20/12/02 PM06 【印刷用へ
2017年7月に全国でアンケート調査を行ったところ、「SEXが嫌い」もしくは「あまり好きではない」と答えた女性は6割以上に及ぶ結果になったとのことです。男性は22%なので約3倍にもなります。あまりに異常な数字です(※日本家族計画協会による「男女の生活と意識に関する調査」でも、「まったく関心がない」「嫌悪している」と回答する女性の割合は近年高い水準を保っています)リンク

・「何が嫌かってコミュニケーションゼロの独りよがり傲慢SEXが嫌。AVで学ばれてもこれっぽっちも気持ち良くないし、やりたくないことをしつこく「やりたい」って言われて渋々やらせて、傷つけないよう演技しなきゃいけない重圧とか。私はお前の性玩具か!って思わざるを得ないやり方。

・経験前はSEXへの憧れが強かったですが、実際に経験すると、独りよがり・不衛生・嫌だと言っても内心喜んでいると勘違いする、という男性が多過ぎてSEXが大嫌いになりました。恥ずかしながら性欲は強い方ですが、それでもSEXしたくないですから。性欲にも勝る嫌悪感を抱いてしまう状況って異常です。

・今の時代、セックスに対するイメージが悪すぎる。愛し合う手段ではなく、欲望を満たす手段・誰かに被害を為す行為、そんなイメージばかり。

・今の恋人に出会うまでキスが大嫌いだったっけ。理由は明白で、したくないのに強要されたから。それから汚いもの気持ち悪いものとずっと思ってきた。今は大好きだけどね。相手次第でこんなにも好悪が変わるんだなと思った。

・だから女友達が最も大事になる。性的搾取なしで、私を愛してくれる。

・嫌い嫌いも好きのうちっていう言葉を信じているクズ男が多すぎなんです。

・射精主義の自己中だからそうなるんだよね。相手ありきじゃない。ジャンクセックスばっかり。だから女性は嫌になってくるんだよ。

・下手くそに当たるとこうなるよね。AVはファンタジーだっつーの。それ分からない男が多過ぎ。なんで嫌いかって?独り善がりにされても気持ち良く無いからだよ

・私は彼氏との幸せな性との出会いよりも、痴漢や露出狂などの性暴力との出会いの方が先だった。コンビニのエロ本もだけど、性が幸せなもの嬉しいもの、というように感じられなかった。ずいぶん大人になったけど自分の中にまだ性への嫌悪が残っているかもしれない。

・性のファーストコンタクトが恋人との平和な結びつきではなく、初潮前の性暴力経験だったので、四半世紀以上たった現在でも、へドロのように性嫌悪が残っている。2次元・3次元の創作物では男女・男男・女女問わず萌えられるのに、自分が対象だとわかるや恐怖しかない。

・言ってないだけで、性被害にあっている人って世の中にはたくさんいる。「言ってもムダ」と思わせる風潮があるし、何より言うことによってさらなる加害を招くことがあるということを分かっているから、言わないんだよね。

・女の子側も、男に都合よく作られた性ファンタジーばかりに触れるしかなく、まともに性を学べない。それ以外だといきなり卵子がどうので早く産めとか言い出すし、日本の社会は女子に、身体を商品化するか、出産のためのモノになれとしか言わない。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_362224
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp