アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
361696 2020大統領選は、民主党の不正投票を暴くためのトランプによるおとり捜査・証拠集め
 
宮田一郎 ( 東京 ) 20/11/11 PM11 【印刷用へ
リンク)スティーブ・ピチェニク博士へのインタビュー:最大級のおとり捜査*2020大統領選


スティーブ :2016年に何が起きたか教えます。私達は、政府の諜報機関や軍、民間のコミュニティーの中の善人達を招集し、バイデンと民主党がどれだけ汚職をしていたか、しているか、これからもする事を説明しました。

ですから今起きている事は、おとり捜査なんです。皆が言っている事とは反対にトランプもエリック(息子)も何が起きているのか全部知っています。私も知っていましたが何も話せませんでした。

我々は投票用紙に"透かし"のマークをつけています。それはQFS(Quantum Financial System:量子金融システム)のブロックチェーン暗号技術を用いています。ですから投票用紙を誰が持っていて、何処に行ったのか全部トラッキング出来ます。

ですからこの戦いは、全くひっくり返ります。トランプは非常に頭がいいです。おとり捜査とは、相手に全ての誤りをやらせて、その後にそれを暴き、最後に殺すという事をします。それが今起きているのです。全ては予測通りに起きています。

国土安全保障省が投票用紙を印刷している。相手は公式の投票用紙に"透かし"が入っていたのを知らないで違法に水増し印刷をしている。

それだけでなく12の州に何千という国家警備隊を送り込んでいます。ワシントン州、デラウェア州、テキサス州、アリゾナ州、アラバマ州などに待機させています。

トランプの天才度は、相手が気づかない中で計画をスムーズに実行させている事です。彼は何度も#「投票用紙の盗み」とずっと言い続けてきました。それから「私は自分の良識とインテリジェンス(知識と情報機関)を使っていく」とも言っていました。2016年にヒラリーを暴露した時と同じ様にバイデン の家族をも暴露して行くと言っています。ハンター、ジョー、ジル、ジム、フランク・・あの家族の多くは告訴されています。

このQFSの透かしの暗号を壊すのはほぼ不可能です。この48時間内におそらく2万人の国家警備隊が派遣されていますが、プレスは一切報道していません。これは助かりました。

これはトランプによって主導されているおとり捜査なんです。ようやくこれに関して開示して良いという許可を昨夜もらいました。だからこれは市民戦争ではありません。我々は全く驚いていません。全ては予想通りです。これはトランプによってもう随分前から計画されていました。ヒラリーに対するクーデターと同じくバイデン にも行なっています。郵便投票の汚職、民主党の汚職・・全ては予想通りです。

実質的な質問ですが逮捕もいずれ起きるのでしょうか?

スティーブ : はい。いずれではなく、フィラデルフィアなどで言った事はただの脅しではありません。今夜から始まりしばらく続くでしょう。これは完璧なおとり捜査なのだという事だけしか言えません。私は、秘密文書などに関係した仕事もしていませんし、政府の人間ではないですが、話して良いと許可を得ています。私はただ共和党への忠誠心を持っています。そして共和党に対して忠誠心を持つ仲間が多くいます。その中には16名の情報機関の人間、シークレット・サービスの人間、民間人もいますが、皆口を閉じて来ました。そして、彼らから今話す事の許可を得ています。
これで言える事は終わりです。おそらくこのおとり捜査は米国史上初めてくらいの最大級のものです。

インタビュアー:最後に一つだけ質問させて下さい。この透かしはどうやって活用されるのですか?フェークの投票用紙とそうでないものを見分けるのですか?

スティーブ : まあ色々な面で活用できるのですが、フェークの用紙と公式の用紙を勿論見分ける事が出来ます。非常に洗練されたコードです。もしも捨てられた用紙があるのなら、それもどれだけあるのか、どこにあるのかも分かります。それ以上は言えません。

インタビュアー:Wow! トランプ大統領とホワイトハウスは、これが起きる事を分かっていておとり捜査を実施したのですね。トランプは2012年の時点で既にこう言ってました。「誰に投票するかは関係ない。誰が投票を数えているかが問題だ。偽投票に注意!」だから彼はこれをずっと前から知っていたわけですね。天才トランプがトランプ・カードを使ったわけですね。

スティーブ : そうです。トランプは人々が思っているよりも遥かに頭が良いです。

参考:量子ブロックチェーン・システムによる投票の再集計によって検証されたトランプの勝利 リンク
   不正投票に対するおとり捜査「計画を信頼する」を開始 リンク
 
  List
  この記事は 361668 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361696
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
361928 2020大統領選の実態 匿名希望 20/11/21 PM00
361827 終わらない戦い、トランプ陣営が起こした訴訟の中身 蒔田一雪 20/11/17 AM00
361771 民主主義を危機に貶めているのはマスコミ自身 ぴぴ 20/11/14 PM10
361757 米大統領選での不正選挙 ⇒ トランプ側(奥の院)の「(偽)民主主義」を壊すのが狙い?@ 紺碧空 20/11/14 AM01
361744 マスコミ規制への足掛かりとなる大統領選挙 本田真吾 20/11/13 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp