生命原理・自然の摂理
361372 動物たちのリーダー選び‐年齢重視のゾウ、王族が率いるハイエナ‐
 
穴瀬博一 ( 31 会社員 ) 20/10/30 AM02 【印刷用へ
以下引用(リンク
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ミツバチからイルカ、ゾウに至るまで、野生動物の群れはたいてい1匹のリーダーによって率いられている。人間社会と同様に、彼らが権力の座につく道は様々だ。
チンパンジーは、体の大きさや性格によって、暴力を行使することもあれば同盟を築くこともある。ブチハイエナは、性別や血統によってトップが決まる。いわば君主制のようなものだ。イトヨという魚は、単に外見の魅力で選ばれる。
米国の大統領選をはじめ、人間社会のリーダー選びにおいては、高齢は弱みととらえられることがある。だが、高齢の個体を喜んで受け入れる動物もいると、米ミルズ大学の行動生態学者、ジェニファー・スミス氏は話す。
「哺乳類では、より多くの知識をもち、経験を積んできた個体に、他の個体が積極的に従うことがよくあります」。メスがリーダーである場合は、特にそうだと言う。(参考記事:「ライオン、群れの王はメス 映画と違う野生の掟」)

■おばあちゃんの知恵
アフリカゾウにとってのリーダーは、群れのなかで最も年齢を重ねたメスだ。
ケニアのアンボセリ国立公園で行われた研究によれば、60歳まで生きることもあるゾウの高齢のメスたちは、ライオンのうなり声を聞き分け、仲間を守ることに長けていた。また、高齢のメスは優れた記憶力で土地のことを把握していて、食べ物や水など必要不可欠な資源へと群れを導くことができる。「威信と成果に基づいたリーダーシップです」と、スミス氏は話す。 高齢のメスが群れを率いるのは、シャチも同じだ。メスは最後に出産をしてから50年もの間、血縁関係で結ばれた群れを率いることがある。最近の研究では、閉経後のメスは狩りに最適な場所に群れを連れて行くことで、彼らの生存にとって不可欠な存在となっていることがわかった。シャチの群れで祖母が死亡すると、孫が死亡するリスクが上昇する。(参考記事:「シャチが閉経後に長生きするのは「孫のため」」)
「食べ物が少ない時は特にそうです」と、スミス氏は話す。「彼らの社会では、環境についての“おばあちゃんの知恵”がとても重要なのです」

■厳しい序列
アフリカに生息するブチハイエナも、多い場合には130匹にもなる群れを、メスが率いる。全てのメスは生まれた時から序列が決まっている。学生時代にできた序列が永遠に続くようなものだ。(参考記事:「不気味でずるい?ハイエナの6つの誤解を解く」)
「『女王』は母親の社会的順位に基づいてその地位を受け継ぎます。知識と権力が引き継がれていくわけです」と、スミス氏は話す。
ハイエナの大きな群れの中にはいくつもの家族がいて、そのトップに「王族」が位置している。それぞれの家族は、地位に応じて食べ物などの資源を入手できる。たとえば、トップの個体とその子どもたちは、食べ物の入手、および群れの親族からの社会的サポートという点で最も有利となる。このため、この家族のメスたちは、より健康で、より多くの子孫を残すことになる。こうして、ハイエナ社会のサイクルでは、個体間の社会的順位が維持され、オスはメスの下に位置づけられ続ける。 ハイエナの社会では、「ほぼ全ての面においてメスが仕切っています」とスミス氏は言う。

■力づくの支配
チンパンジーの社会ではオスがトップになるが、最上位のオス(アルファオス)の主な関心は性行動だ。この個体が、生殖可能なメスと最も多く交尾を行い、最も多くの子孫を残すことになる。 最上位のオスは群れの争いを収め、食べ物などの資源をコントロールする。また、群れの社会的順位を維持させ、誰と誰が交尾できるかを決める。政治的にサポートしてくれる個体をひいきして交尾を許可するのはよくあることだ。
オスの順位は生まれによって決まるわけではないので、最上位のオスは常にクーデターを警戒していなければならない。結果として、彼らの多くは「自己中心的な悪党」であり、「みんなを脅して地位を維持しようと必死です」と話すのは、生態学者のマイケル・ウィルソン氏だ。同氏は、米ミネソタ大学で大型類人猿の群れの関係を研究している。

(省略)

■ダンスを通じた民主主義
 ミツバチの女王がその座につくのは、実に暴力的な方法によるものだ。働きバチは、ごく普通のメスの働きバチに特別な食べ物を与え、12匹ほどの女王候補を作り出す。働きバチたちの出番はそこまでで、その後は女王候補たちの命をかけた戦いが始まる。1対1で繰り広げられる刺し合いの闘争は、たった一匹が残るまで続けられる。
 そうして最後まで生き残った者が女王となる。しかし、この個体をリーダーと呼ぶことには語弊がある。「女王の役割は卵を産むことです」。米コーネル大学の生物学者で、『Honeybee Democracy(ミツバチの民主主義)』の著者であるトーマス・シーリー氏は言う。「優れた戦士である以外に、女王がやることはそれだけです」。
 こうして女王が“即位”するにも関わらず、ミツバチたちは、危機にある巣をどこに移すか、あるいは成功している巣を分割するかといった生死のかかった決断を迫られた場合には、どの道を進むべきかを民主主義で選ぶのだとシーリー氏は言う。

(省略)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361372
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp