361301 もう一人の岡本太郎と呼ばれた岡本敏子さんは”歓びの天才”だった
 
花くる実 ( 27 静岡県 会社員 ) 20/10/27 AM03 【印刷用へ
リンク)より引用

■太郎さんと敏子さん

 

79歳でこの世を去る直前まで、

キラキラとした少女のような笑顔で笑う女性。

まるで初恋のように、愛する人について語る女性。

まるで母のように、温かく優しく微笑む女性。

それが…、岡本敏子さん。

岡本太郎さんの秘書であり、後に養女になり、実質的には妻ともいえる存在。

長年にわたり岡本太郎さんを支え続けた最良のパートナー。

 

養女?  妻?  パートナー?  えっ?それって?  なに?

なぁ〜んて、ついつい聞きたくなる… というものですが…  

そんなことは、おかまいなし。

「なんで、結婚してくれないのよぉ〜〜〜」なんて言葉も、敏子さんはもちろん言いません。

 

50年近くも、ず〜っと側にいたのに、語る目が、本当にキラキラとしていて

ず〜っと 太郎さんに恋し続ける少女のよう な言葉の数々。

 

■「もう一人の岡本太郎」敏子さんは「歓びの天才」

敏子さんは、太郎さんが日々何気なく発する言葉の数々を、

目を輝かせて聞き入り、必死にメモして歩きました。

しばらくして、敏子さんがまとめたメモを太郎さんが見る。

2人が会話する。盛り上がる!盛り上がる!

そこから更に発想が膨らみ、発展していき… 太郎さんは言葉を発する。

敏子さんは、それを更にメモしていく… 

太郎さんがメモをみる… 二人が会話する… 発想が膨らむ…

 

そんな繰り返し、そんな二人の関係の中で、爆発するように化学反応を起こし、

数多くの作品や著書が生まれました。

 

実際に、多くの著書は、太郎さんが口述し、

それを敏子さんが原稿としてまとめたものであることは有名な話で

敏子さんは、「もう一人の岡本太郎」だったとも言えるでしょう。

 

更に敏子さんは、「歓びの天才」だったともいいます。

作品をみて、「わぁ〜、凄い」「いいわねぇ。いい。いいなぁ」と

時には涙を流しながら、全身、全存在で歓ぶんですって。

 

岡本太郎さんにとって、敏子さんは

正に、芸術の女神「ミューズ」だったんでしょうね。

 

話せば会話が膨らむ…、

いつも誉めて励ましてくれる…、

自分の才能を心の底から信じてくれる…

これは、男女関係なく “モテ” ますね。

究極の “モテ” 技術 かもしれません。

 


■自分自身で決めた “太郎さんと一緒の人生” 

ある日の太郎さんと敏子さんの会話。

「オレが岡本太郎でなくなったら、自殺するよ。」


「心配しないでいいわ、太郎先生が年とってボケたりしたら、

 もう、岡本太郎でなくなったら、わたくしが殺してあげます。」

「わたくしも死にますから」



さらりと明るくこんなことを言ってのける敏子さん。

敏子さんは昔から、岡本太郎さんがいらっしゃらなくなったら殉死するつもり、

と公言していたそうです。

 

決して、太郎さんに振り回され、我慢し、身を捧げる… そんな受身の人生ではなく、

自分自身の価値観で、自分自身で決めた “太郎さんと一緒の人生” だったからこそ、

周りが心配するような 二人の関係に対する 不安 だとか 悲壮感 など一切なく、

敏子さんは、控えめなのに隠しきれないように、凛としたオーラを放ち続けられたのでしょう。

 

それにしても、79歳にして、存在自体の この透明感。

敏子さんのように生きることができたら…、

おばちゃんにも おばあちゃんにもならないのかもしれませんね。

 

ある番組の中で、岡本太郎記念館にもよく足を運ぶという 宮沢りえちゃん も

「太郎さんと敏子さんの関係は、 最も憧れる関係。」と話していました。


::::以上::::
 
  List
  この記事は 361003 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361301
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
362105 岡本敏子さんの言葉(1)〜眼と眼を見合す。ほんとうに真正面から相手を見なければダメ 田野健 20/11/28 AM00
361325 子どもは意外と丈夫です 「清潔にしすぎない」が元気な体を作る! 花くる実 20/10/28 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp