学者とマスコミはグルで頭脳支配
361214 コロナウイルスは汚染された猿の腎細胞内でのみ増殖する
 
匿名希望 20/10/23 PM09 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向リンクより引用します。
--------------

素人の私が訳させていただきましたので、一部、分かりにくい点があるかと思いますが。。。

今年6月の時点でCDC米疾病対策予防センターはウイルス学者らの実験でCOVID−19が人間には殆ど影響しないことがわかっていたようです。ただし、COVID−19は変異しますからその後毒性が多少強くなったことも考えられますが。。。それでも諸外国の死者数が異様に多かったのはなぜでしょうか。

死亡した人たちの多くが内臓疾患のある患者、高齢者者でしたが、NYなどでは病院内でコロナに感染して死亡したことにされた高齢者も多かったようです。

(中略)

リンク
(概要)
10月15日付け
    
Unicorn
© Canberra Times Australia:
2020年6月にCDCが内輪で発表したおどろくべき内容の記事について:
この記事は、約20人のウイルス学者チームの研究成果として、(彼らが発見した)SARS−COV−2=COVID−19ウイルスの分離性、純化、生物学的特徴を科学的に説明しており、この情報を基に他の科学者らも独自の研究を行うよう促しています。

この記事に書かれていたショッキングな内容とは:

記事内の「全ゲノム解読(配列決定)」という項目の中に「我々はこのウイルスを分離し全ゲノムの解読をするのではなく、PCR検査で得た未浄化サンプルから37の塩基対を調べた。」と記されていました。つまり、彼らは約3万の塩基対の中のたった37の塩基対(無傷ウイルスのゲノム)しか調べなかったということです。
彼らは全ての塩基対を調べたのではなく37のゲノム分節を取り出しコンピュータ・プログラムに挿入して調べたのでした。
このようなコンピュータ世代のやり方は科学的不正行為です。
このようなやり方は、科学者チームが、蹄、しっぽの毛、角の小片を見つけて、ユニコーンを発見したと主張しているのと同じです。そしてユニコーンを発見したと主張する彼らが次に行うことは、この情報をコンピュータに追加し、ユニコーンを再現するためのプログラミングを行い、このユニコーンはホンモノだと主張します。もちろん彼らはホンモノのユニコーンを見たこともありませんから、彼らが見つけた蹄、しっぽの毛、角の小片の遺伝子構造とホンモノのユニコーンの遺伝子構造を比較することなどできません。

ウイルス学者チームは、コンセンサスで(投票で)どのゲノムがSARS−COV−2(COVID−19)であるかを決めたのでした。別のコンピュータ・プログラムでは別の結果が出てしまいますから、どのゲノムがSARS−COVID−2かをチームの総意として決めたということです。

しかし彼らの実験ではさらなるショッキングな発見(以下)がありました。何度も読みなおしましたが、何度読んでも信じられないことが書かれていました。
「我々は、複数の一般霊長類と人間の細胞内(人間の腺がん細胞、肝細胞、ヒト胎児腎臓細胞を含む)でのSARS−COV−2の感染力と再生能力を観察した。さらに各細胞株にウイルスを高多重度感染させ、その24時間後にどうなったかを検証した。その結果、アフリカミドリザルの腎臓上皮細胞に由来する、細胞培養に使われる細胞株のベロ細胞以外のどの細胞株にも細胞変性効果は得られなかったことがわかった。ベロ細胞は感染してから24時間後に10 to the power of 7 = 107 = 10000000以上に拡大していた。
一方、高分化型ヒト肝癌由来細胞株“HuH-7”とヒト胎児腎”293T”でのウイルス再生能力はあまりない。コーカソイド人種の男性の肺がん組織A549細胞株では、SARS CoV-2感染は確認できなかった。」

これはどういう意味かというと、ウイルス学者が感染症を証明するためには、3種類のホスト或いはモデルを使って実験することが可能です。ただし、人間の場合は、倫理上の理由から意図的に感染させるわけにはいきません。特にSARS-CoV-2や他のコロナウイルスを人間に意図的に感染させて実験することはしません。

次に動物を使っての実験ですが、これまで純化ウイルスを動物に直接感染させたことはありません。彼らが使うのはこのウイルスが含まれた溶剤です。そしてネズミで実験した後に他の動物にこのウイルスを感染させました。
この実験でわかったことは、一般の野ネズミは全く発症しなかったということです。ただ、遺伝子操作されたネズミの間では毛が抜けたネズミが多かったのですが、COVID−19の感染症を患ったネズミはいませんでした。

3番目の方法は、このウイルスを混入させた溶剤を様々な細胞に注射する方法です。これはウイルス学者らが最も頼りにしている方法ですが、これまで何度も指摘した通り、飢餓細胞か汚染細胞でないかぎり、このような方法で細胞は溶解しません。

これらの実験を行った結果、ウイルス学者らが発見したことは。。。SARS-CoV-2が含まれた溶剤を大量に人間の3種類の細胞内に注射しても感染が確認されなかったということです。

つまり、今回の新型コロナウイルス(COVID−19)は人間には感染しないウイルスであると言うことです。
COVID−19は猿の腎細胞でも感染しませんでした。ただし毒性を持つ2種類の薬(ゲンタマイシンとアンフォテリシン)を溶剤に混ぜて腎細胞に注射した場合にはCOVID−19に感染することがわかりました。

皆さん、CDCが掲載したこの記事を何度も読み直してください。ウイルス学者チームの実験により、SARS-CoV- 2(COVID−19)は人間には無害であるということを証明してしまったのです。
しかしこのような実験の結果は一切公開されません。彼らは、猿のベロ細胞で培養したウイルスを提供することは可能だとしか伝えていません。
科学がどのように行われているのかを理解した大衆には、彼らに誠実性と透明性を要求することを望みます。
 
以下省略
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361214
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp