西欧科学は狂っている
361191 放射能の真実と健康への作用を探る
 
玉田 聡 ( 33 栃木 会社員 ) 20/10/22 PM11 【印刷用へ
こちらから引用リンク

○放射線は、実は2種類存在していました!
「低線療法」、「ホルミシス効果」などの言葉をご存知でしょうか?

簡単に言いますと・・・、放射線は一気に大量に浴びると癌や病気になりますが、少ない量を浴びると逆に病気が治り健康に良いという治療法や理論ですが、結論から先に言いますが実はこれは甚大な間違いだったのです。

生命が生きている証である細胞分裂は、自然放射線が介在していなければ細胞分裂が出来ないのです。

自然放射線とは、赤外線に乗った生命信号のようなものでそれを自然に地球上で人類はキャッチしており、放射線があるから生き延びているのです。

○自然放射線とは・・・
マグマの火山活動によって地表を溶岩石で覆われ、地球上で最初の命となるアミノ酸(たんぱく質)が40億年前の海の中で出来たのです。

アミノ酸が地球上の生命体の究極の原形であり、地球上の生きものを作っているのです。
アミノ酸からバクテリアが発生し酸素を排出し大気となりオゾン層が出来て、単純な本当の最初の生命体が出来て、いくつもの生命体を経てやがて人類が誕生するのです。

ここで大事なのが地殻のマントルから出てきた「マグマ」、溶岩石つまり石、鉱石です。
鉱石は、波動(赤外線)にのって信号を絶えず発信していてその信号が自然放射線であり、生命体形成のプログラムで、私達人間も常に無意識の中で受信しています。

つまり石=生命体=人体、とリンクしているのです。
私の田舎の家も実際にガイガーカウンターで測定しますと大地から受ける自然放射線が0,2μsv程ありました。
パワースポットと呼ばれる場所は、この自然放射線の数値が高いのだと思います。

そして、その自然放射線を大量に受け継いでいるのが植物です。
植物が育つ原理は、バクテリアが放出する酵素を吸収して育ちます。
バクテリアが豊富にいる土は肥料や農薬など一切不要で、これが大自然のアマゾンなどの環境で勝手に生い茂ります。

逆に農薬を撒くとバクテリアが死にますので肥料が必要になるのです。
田んぼや畑の土とはマグマの粉砕物、つまり放射線を持っており、バクテリア放射線を受けて酵素を出し植物が育ちます。

実は植物に含むカリウムやビタミン、ミネラル類が自然放射線の化身なのです。

〜中略〜

自然放射線は、遺伝子を正しく作ったり修復する信号を絶えず発信しているのです。
野菜やビタミン類が健康に良いという本当の理由は、自然放射線を体内に取り込んでいる作業だったのです。

○人工放射線とは・・・
もう一つの放射線というのは、人間が作り出した人工放射線です。
原子力爆弾、原子力発電、医療(CT、放射線治療)などが発する人工放射線は、先ほどの自然放射線と大きな違いがあります。

放射線としての一般的な性質は同じですが決定的な違いがありまして、人工放射線は放射する信号が生命体の遺伝子に傷をつけるのです。
生命体には自然放射線とは全く真逆の作用をし、生き物にとっては全く最悪の放射線なのです。

そして人工放射線は、実に恐ろしく小さな量の被爆でも確実に遺伝子に傷をつけるのです。
大学でそのことは一切教えないというか、一流の教授でさえ知らないそうです。

つまり、トップシークレット、支配層の嫌がる情報なのです。
ですから、最初に申し上げた「低線療法」「ホルミシス効果」というのは、自然も人工もごちゃ混ぜにしているから、真実から目を逸らした似非論なのです。

何処までが低線で何処からが危険なのか説明がありません、あいまいすぎます。
自然、人工、どちらも1msvの線量がカウンターで測定されても、生命体には全く違う相反する作用をするのです。

!この世の中には人体の健康を分ける相反する2種類の放射線、命を育むのに欠かせない自然放射線と、生命体の遺伝子プログラムを壊してしまう人工放射線が存在していると考えられます。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361191
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp