学者とマスコミはグルで頭脳支配
361148 糖尿病、人工透析も意図されたもの・・・人々を欺く抗ガン剤と同じ再発リピートビジネス
 
森羅万象 ( 知命 森 万象 ) 20/10/21 PM06 【印刷用へ
■強健ラボ リンク
 糖尿病、人工透析も意図されたもの リンク より引用です。

〜引用開始〜
■糖尿病
 抗ガン剤は癌を発生させ、再発リピートビジネスで稼げる夢の経営特効薬、発病剤・・・

 ガンだけではないようです。糖尿病も同じような仕組みになっています。

 あらゆる化学食品添加物を認可し、食事で病気を生みだし、薬で悪化させ、治療をずっと続けさせる=継続的な収入を生みだす。


 糖尿予備軍を含めると3000万人近くいるといわれている糖尿病です。

 人工透析は、患者の負担額はさほど大きくありませんが、国から入るお金は患者一人につき500万円とも1000万円とも言われています。

 患者にとっては負担額より、治療=人工透析そのものも大きな負担です。

 本当の原因や最善の治療法を追求せず、治療とは、自己治癒力を向上させるしかありません。

 しかし、医師は医科大学で医者は西洋医学以上の治療法は無いと習います。

 つまり、西洋医学のシステムを作ったトップの連中が、現場の医者、患者、を意図的に操作しているのです。結局、利権のトップだけが儲かる仕組みに構築されているのです。

 現代でも、医者のほとんどいない超発展途上国には、癌、糖尿病、透析、アレルギー、など一切ありません。

■理不尽な医療、透析
 透析患者数29万7126人 430人に1人が透析かかる巨額の費用、総医療費2兆円近く、日本の総医療費37.5兆円の4%近くを占めています。

 つまり、、透析患者1人を支えるために、72歳以上の平均的な老人約8人分医療がかかるのです。

 しかも、透析患者数は毎年、1万人のぺーすで増えています。

 このぺーすが鈍化しなければ、国と地方が負担する透析医療費は毎年、約520億円ずつ増えていくことになります。

 もう一つの理由は増え続ける糖尿病患者数です。

 糖尿予備軍を含めると3000万人近くいるといわれております。

 すでに、糖尿病型の慢性腎不全(糖尿病性腎症)は近年、増加に一途をたどっています。

 糖尿病の50%は糖尿病性腎症をを発症するので、将来、大量の透析患者が発生するおそれがあります。

 そうなれば、透析だけでも国の財政に危機をもたらしかねません。

 まず、透析を回避することです、糖尿病を治すことがなりよりも先決です。

 血糖値を下げるために飲み薬ですよと、

 病院で進められるSU薬(このSU薬が糖尿病を悪化させる。

 この薬は血糖値を下げるために、すい臓のβ細胞から、無理やりインスリンを分泌させ、疲れきったインスリンβ細胞をますます疲弊させて、 糖尿病を悪化させる。

 ついに、糖尿病で腎臓まで冒され、やがて病院が喜ぶ、人工透析へ!利益率、リピート率抜群の、経営上とても都合がイイ人工透析となる。

 保険が適用になり、患者1人で年間1000万儲かるようなうま味、保険で自己負担が軽くなった分気軽に勧める。

 こうして、一生、病院に行くしかない病気、糖尿病から人工透析へ!

 糖尿病の合併症は心筋梗塞、脳梗塞をも伴う危険な病気です。

 私は長年の医療人、これら慢性病は現代医学だけでは治ったためしがありません。

 透析こそ、生かさず・殺さず・治さず、一生苦しみ続ける典型的な医療、病院にとってはこの上ない金儲けの患者。

〜引用終わり〜
 
  List
  この記事は 360959 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361148
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp