西欧科学は狂っている
361143 デンマークで毛皮用のミンクにコロナウイルス感染が確認され、「250万頭」の殺処分が進行中
 
匿名希望 20/10/21 PM00 【印刷用へ
リンクより

◆デンマーク:コロナウイルスに感染、250万頭のミンクを殺処分

新型コロナウイルスは、いくつかの種類の哺乳類にも感染することが知られていますが、デンマークの 63カ所の毛皮農場でコロナウイルスに感染したミンクが確認されたことで、それらの毛皮農場の 250万頭のミンクを殺処分が進んでいることが報じられていました。

ミンクからコロナウイルスが発見されたのは、10月に入ってからで、そして、デンマーク獣医食品局による殺処分は、10月8日から開始されています。デンマークは、世界最大のミンクの毛皮の輸出国のひとつなのだそうで、年間 1700万頭にものぼるミンクの毛皮を生産しているのだとか。

今後のミンクの感染状況によっては、殺処分はさらに拡大すると述べられていて、場合によっては、何ヶ月にも及ぶ可能性があると当局は述べています。何だかもういろいろとやさっていることがメチャクチャですが、英デイリーメールの記事をご紹介します。

●63カ所の毛皮農場のミンクからコロナウイルスが検出された後、デンマークで250万匹の殺処分が始まった 2020/10/12

デンマークは、国の北部にある少なくとも 63のミンク飼育農場でコロナウイルスが報告された後、少なくとも 250万匹のミンクの殺処分を始めた。絹のような毛皮製品を作り出すために飼育されているミンクは、特に新型コロナウイルスに感染しやすいことがわかっており、また、研究によると、コロナウイルスを人間に感染させることができる。

殺処分は 10月8日に始まり、今後のウイルスの拡散状況によっては数か月間続く可能性があるという。感染した動物の殺処分処理は、デンマーク獣医食品局によっておこなわれているが、感染した農場から 8 km以内にある農場の場合は、感染していないミンクを飼っていても、飼育者は、そのミンクたちを淘汰しなければならないと通達した。

デンマークは世界最大のミンク製品輸出国の 1つであり、年間推定 1700万匹の毛皮を生産している。10月初めには、アメリカのユタ州でも、コロナウイルスに感染したミンクが発見されて、何千匹ものミンクが殺処分された。Covid-19は、農場労働者がウイルスに感染した直後の8月に、ユタ州のミンクに最初に出現したと、州の獣医であるDeanTaylor博士は述べた。

ミンクは、肺に ACE2 というタンパク質(受容体)があり、これがコロナウイルスに結合するため、コロナウイルスに特に感受性があるようだ。人間も肺に同じ ACE2 というタンパク質を持っている。ミンクの感染が最初に発見されたのはオランダの農場で、4月のことだった。その後、デンマークとスペインの農場でさらに発生した。

科学者たちは、デンマークのミンクがどのように感染したか、そしてそれをヒトに感染させる可能性があるかどうかについては、まだ調査中としている。8月、オランダ政府は、毛皮農場でのミンクの新型コロナウイルス感染の増加の中で、2021年にミンク養殖を強制終了することになっている。

ポーランドも、ミンクの毛皮の大きな輸出国で、ポーランドでは、与党の右翼連合と野党が、ミンクの毛皮農場を禁止する新しい法律をめぐって対立している。反対派は、法律が成立すれば、何百人もの毛皮農家の生計を破壊すると主張している。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361143
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp