西欧科学は狂っている
361141 コロナワクチンのために、サメ50万匹が殺されるだけではなく、カブトガニも50万匹使用されることを知る。そしてワクチンにはこんなに多種類の「生き物たちの要素」が加えられている@
 
匿名希望 20/10/21 AM09 【印刷用へ
近代西欧科学には「自然に依存している」という類的感覚そのものが欠落している。

リンクより

◆この世は知らないことばかり

ワクチンには、種類によるでしょうけれど、ヒトや仔ウシなどの「胎児の血清」が使われている場合があることについて、以下リンクの記事でご紹介したことがあります。

ヒトの胎児については、「この世に生まれてこなかった赤ちゃんたち」を使うという意味で、倫理的な部分などで議論が続いているようです。しかし、倫理という問題以前に、「ワクチンってこんなに他の生物を殺さなければ成り立たないものなのか」ということを知ったのは、「コロナウイルスのワクチンのために、深海のサメ 50万匹が殺される可能性がある」ことを知った時でした。

ブログ地球の記録の以下リンクの記事に記しています。

このことについては、以前から知られていたことのようで、記事では、2009年のナショナルジオグラフィックの記事から抜粋させていただきました。

●新型インフルワクチンでサメがピンチ

今年世界中で猛威をふるった新型インフルエンザH1N1。そのウイルスから人体を守るためワクチンが大量に製造されているが、その陰で絶滅危惧種のサメが危機にさらされている。

サメの肝臓から抽出される「スクアレン」という物質がワクチンの原料として使用されているからだ。スクアレンは、スキンクリームなどの美容製品に多く用いられる一方、人体の免疫反応を強める働きを持つ合成物質「アジュバント」の原料にもなる。大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)は2009年10月、アジュバンド添加ワクチンを4億4000万本受注したと発表した。

GSK社は、ワクチンに含まれるスクアレン量を1本あたり10.69ミリグラムとしている。それを基に計算すれば、同社が受注した4億4000万本のワクチンを製造するためには、少なくともサメの肝油が4400キロ必要になる。サメの肝臓から抽出する物質ということは、肝臓そのものを採取されるということになりそうで、つまり実質的に生き残るものはないことになります。

これまでも、この問題は言われ続けていたようですが、今回の新型コロナウイルスのワクチンはその「製造量」が桁違いになる可能性があり、米カリフォルニアのサメの保護に関する非営利団体の代表は以下のように述べています。

「スクアレン 1トンを採取するためにはサメ 3000匹が必要だ。これを基準に世界 78億人が新型コロナワクチンを 1回接種すると仮定すれば、サメ 25万匹が消える。ワクチン効果を高めるために 2回接種する場合、犠牲になるサメは 50万匹に増える」

ここまで。

その後、アメリカのロバート・F・ケネディ・ジュニアさんのウェブサイトの報道を見ていましたら、「ワクチンのために、毎年、50万匹のアメリカのカブトガニが捕獲されている」ということを知りました。

カブトガニの血(カブトガニの血は青色です)に含まれるある成分は、ワクチンの汚染物質を検出して排除する「知られている中の唯一の天然源」なのだそうです。ですので、ワクチンを作り続ける限りは、カブトガニを捕獲し続けるしかない。

これも探してみましたら、今年 8月のナショナルジオグラフィックで取りあげられていました。そこからの抜粋です。

●コロナワクチンでカブトガニ危機? 企業が頼る青い血

毎年春になると、満月に導かれて何十万匹というカブトガニが産卵のため米大西洋沿いの砂浜に上陸する。お腹を空かせた鳥たちにとっては、ご馳走。製薬会社にとっては、医薬品の安全を確保するために必須の資源だ。

カブトガニの青白い血液から得られるライセート試薬(リムルス変形細胞溶解物)は、内毒素(細菌内の細胞壁に含まれる毒素)を検出できる唯一の天然資源だ。「世界中の製薬会社がカブトガニに頼っています。私たちがいかにこの原始的な生物に依存しているかを思うと、気が遠くなりそうです」。

そう話すのは、米国の自然保護団体、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのニュージャージー州ディレクター、バーバラ・ブラマー氏だ。製薬会社は毎年およそ50万匹のアメリカカブトガニを捕獲し、血液を採取したのち海に返す。だが、多くの個体はその後死亡する。こうした慣例と、釣り餌に使われるせいで、米大西洋岸中部の州では過去数十年の間に減ってしまった。

1990年には、アメリカカブトガニの主な産卵場所であり、製薬会社が捕獲するデラウェア湾で、124万匹が産卵していると推定された。
2002年にはそれが33万3500匹まで減少。近年では個体数は安定しており、2019年の調査では推定33万5211匹とされた。

◆ワクチン依存症の世界

人間は、現代生活の中で、食べるために、あるいは衣服にするために、途方もない数の動物たちを殺していますけれど、この場合は、ワクチンのためです。ものによっては、本当に実効性があるのかどうか疑わしいものも含まれます。それでも、どんどん殺されていく。

仮に、今後の世界が「過去にないほどのワクチン依存世界」となっていくとしたら、これらの深海のサメやカブトガニはどうなっちゃうのだろうとは普通に思います。思うことの中には、サメもカブトガニも、どちらも「この地球で大変な歴史を持っている生き物」だということも含まれます。

〇カブトガニ:カブトガニの歴史をたどってみると、約5億7000万年前(カンブリア紀)の三葉虫までさかのぼります。三葉虫から進化し、カブトガニのような姿の生き物が現れたのは約4億年ほど前です。 (カブトガニとは)

〇サメ:はるか 4 億年以前の海に体長 1∼2メートルの. 小さなサメ、クラドセラケが登場し、石炭紀のヒボーダス.目を経てようやく現代のサメに到達しました。 (kanto.co.jp)

大型生物としては、最古に近いような生き物たちを、ワクチンというようなもののために絶滅させていくというのは……どうなんですかね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361141
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
361142 コロナワクチンのために、サメ50万匹が殺されるだけではなく、カブトガニも50万匹使用されることを知る。そしてワクチンにはこんなに多種類の「生き物たちの要素」が加えられているA 匿名希望 20/10/21 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp