新資源・新エネルギーの開発は?
361065 充電が不要な時代へ。タンパク質と空気から電気をつくるデバイスを米大学が開発
 
立川久 ( 50代 ) 20/10/18 AM02 【印刷用へ
細菌が作り出すタンパク質と空気から電気をつくる発電機を米大学が開発したようです。
IDEAS FOR GOOD リンク より、以下転載。
-----------------------------------------------------------------
充電が不要な時代へ。タンパク質と空気から電気をつくるデバイスを米大学が開発

私たちの生活に欠かせない電気。いま、いつでもどこでも電気を利用できるようにするべく、さまざまな開発が進められている。そして今回、米マサチューセッツ大学アマースト校が、自然のタンパク質と空気から電気をつくるエコなデバイスを開発した。

先日、学術雑誌「Nature」に掲載された、この画期的なデバイス「Air-gen」は、細菌が作り出すタンパク質と空気から電気をつくる発電機。無害で再生可能で低コストであることに加え、サハラ砂漠など湿度が非常に低い地域でも発電できるのが特徴だ。太陽光や風力発電などに必要な日光や風を必要とせず、24時間365日クリーンエネルギーを生成し、屋内でも機能するという大きな利点を持つ。

Air-genに必要なのは、厚さ10ミクロン未満のタンパク質ナノワイヤ(微細なワイヤ)から成る薄膜だけ。このタンパク質ナノワイヤはゲオバクターという細菌が生成し、導電性を持つ。薄膜は2つの電極に挟まれており、上部の電極は薄膜の一部のみを覆い、残りは空気にさらされている。薄膜が空気中から水蒸気を吸収すると、薄膜内のナノワイヤ間に存在する細孔と結合したタンパク質ナノワイヤの導電性と表面上の化学的現象(界面化学)により、電極間に電流が生成される。

現段階でAir-genはすでに小さな電子機器に電力を供給でき、近い将来、商業規模に拡大できると研究者らはみている。次のステップは、健康や運動監視、スマートウォッチといった電子ウェアラブルデバイスを駆動する小さなAir-gen「パッチ」の開発。これが成功すると従来のバッテリーが不要になるということで、毎日の生活がますます便利になりそうだ。また、スマホに適用できるAir-gensを開発して、充電するためにコンセントを探したりケーブルを買ったりといった面倒な作業の排除を目指すという。

そして最終的な目標は、大規模システムの開発だ。研究者らは、この技術を壁のペンキに組込んで家に電力を供給したり、送電網につながずに電力供給する独立した発電機に適用したりといった可能性を指摘している。ナノワイヤ生産が産業規模になれば、持続可能なエネルギー生産に大きく貢献する大規模システムを開発できるようになるとのことだ。

実際に研究チームは、ナノワイヤをより速く安価に大量生産する新しい微生物株(一つの細菌から培養した細菌の集団)の開発に最近成功しており、アプリケーション開発に弾みが付くことが期待される。

細菌が作り出すタンパク質と空気を使って、いつでもどこでも電気をつくるエコなデバイス「Air-gen」。近い将来、さまざまなシーンでの活用を目にするようになるかもしれない。
-----------------------------------------------------------------
転載終了
 
  List
  この記事は 347060 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361065
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp