世界各国の状況
361056 中共は国賊トルドー首相と結託し米国侵略を準備中
 
匿名希望 20/10/17 PM10 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向リンクより引用します。

-------------

以前にも、こちらのブログでカナダ国境沿いに中国人民解放軍が大量に集結したことを伝える記事をご紹介しましたが、以下の記事によると、ブリティッシュコロンビアの複数の場所に大量の人民解放軍が集結したようです。

習近平はインド北部の国境沿いにも大量の人民解放軍部隊を駐留させ大量の兵器も配備し、インドを攻撃する準備をしています。同時に南シナ海や台湾に対する軍事活動も激化しています。尖閣諸島も狙っています。そして共産主義者のトルドー首相を買収しカナダ西海岸に人民解放軍を集結させ米国を軍事侵略する準備をしているのですから、本当に恐ろしいというか狂気を感じます。中国には14億人の人民がいますから、彼らを兵士として戦場に次々に送り込めば何人死んでも代わりはいるということでしょうか。

米民主党も人民解放軍に米国が侵略されることをうれしく思っているのでしょうか。

トランプ政権はカナダの人民解放軍の動きを把握しており、防衛体制を強化しているようです。

カナダに人民解放軍が駐留できるということはトルドー首相は習近平と背後で手を結んでいるということです。

(中略)

リンク 
(概要)  
10月8日付け

中国は数万人規模の人民解放軍部隊をカナダのプリンス・ルパートとバンクーバーに集結させています。
米国民は防衛のために武装し準備してください。
中国は米国を侵略しようとしています。


2019年にカナダと協定を結んだ中国は今年初めから密かに大規模な人民解放軍部隊をカナダに集結させ米国を軍事侵略する準備をしています。

何年も前から中国は米国侵略のためにメキシコ南部にも大規模な人民解放軍と装甲車両を配備していると言われていますが、今年の初めからカナダにも人民解放軍部隊を集結させています。今週、バンクーバー近くのソルトスプリング島に集結した人民解放軍部隊の映像がユーチューブに投稿されました。


映像で人民解放軍がカナダに集結していることが確認されたのですから、彼らが実際に米国を侵略しようとしているのか、同盟国のカナダが中国人民軍に米国侵略の許可を与えたのかどうかを分析する必要があります。


カナダのトルドー首相(グローバリストであり共産主義者)は2019年後半に中国と協定を結びました。
2020年1月にカナダの独立メディアがその詳細を伝えました。

報道によると、
カナダが中国と結んだ協定とは、カナダ国内に存在する重要な中国の投資資本を守るために地元当局の認識や承諾なしに中国人民軍をカナダに駐留させることをカナダが許可するというものです。

なぜトルドー首相はこのような協定を結んでしまったのでしょうか。カナダ軍は重要な中国の投資資本も守れないのでしょうか。王立カナダ騎馬警察を信用していないのでしょうか。カナダの地元警察の能力が不十分なのでしょうか。それともトルドー首相は自己の利益のために中国人民解放軍をカナダに駐留させることにしたのでしょうか。或いはトルドー首相は中国から巨額の賄賂をもらい米国を裏切ったのでしょうか。その他にどのような理由があるというのでしょうか。

ブリティッシュ・コロンビアの地元住民らによると、中国人民解放軍部隊はバンクーバーのダウンタウンの西にあるスタンリー・パーク(広大な公園)に一時的に駐留していますが、その後、別のエリアに移動しそこに常駐することになっています。現在、カナダ国民は、人民解放軍が占拠しているスタンリー・パークの中に入れなくなってしまいました。そして公園の入り口では警察が人民解放軍以外の人が公園の中に入るのをブロックしています。人民解放軍の兵士は公園に中だけでなく海岸のあちこちで見かけます。

そしてバンクーバーの中国領事館には多くの人民解放軍スパイが駐在しており、この領事館の敷地内から人民解放軍突撃部隊に指令を発し1時間以内に彼らを(米国へ)空中輸送できる状態です。

国賊のトルドー首相は中国政府とこのようなことを取り決めてしまいました。つまりカナダの西海岸は人民解放軍に奪い取られてしまったということです。今後、西海岸地域では人民解放軍が住民に外出禁止令を課し住民を統制し監視することになります。

カナダの皆さん、カナダに人民解放軍を駐留させる目的は、重要な中国の投資資本を守るためではなく米国を裏切り、カナダから米国を軍事侵略することです。

(中略)

この数か月間、西海岸で発生した猛烈な山火事により何百万エーカーもの森林と何万棟もの住宅が焼失してしまいました。

今回の山火事も指向性エネルギー兵器によって起こされたようです。

米国の環境条件を監視している米サテライトの映像からも、近赤外線スペクトルのビームがカリフォルニア州の森林に向けて照射され、その直後に大火災が発生したことが確認できます。多くの地元住民も森林に照射されたビームを目撃しその様子を撮影しましたが、彼らはかなりのショックを受けました。

エスパー国防長官は空軍カンファレンスにて、中国とロシアが宇宙を武装していると発表し、特に非対称機能を採用した指向性エネルギー兵器について言及しました。指向性エネルギー兵器からのビームは車の鉄板やタイヤまで溶けてしまうのです。

指向性エネルギー兵器に攻撃された車はこのように溶けてしまいました。

ただの森林火災であるなら炎が鋼鉄を溶かすはずがありません。森林火災は鋼鉄を溶かすほど高温ではないからです。指向性エネルギー兵器なら鋼鉄も溶かすことができます。


なぜ中国はこのような兵器を使って米西海岸を焼き尽くしたいのでしょうか。

その理由はシンプルです。住民を西海岸から追い払うためです。

(後略)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_361056
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp