法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
360945 日本人が自粛警察になりやすいのは「体育の授業」に原因がある
 
森浩平 ( 28 東京都 会社員 ) 20/10/13 PM01 【印刷用へ
コロナ禍の日本では「自粛警察」と呼ばれる行動が相次いだ。こうした動きは日本特有だという。なぜ日本人は規律やルールを他人に押しつけようとするのか。『ガチガチの世界をゆるめる』(百万年書房)を出した澤田智洋さんは「軍隊式の体育教育に原因がありそうです。まずは『体育脳』をゆるめることが大事です」という——。
なぜ、あの人の頭はカチコチに固いのか?
「今までずっとこのやり方でやってきたから、ダメです」

思いもよらぬ言葉に、ぼくはフリーズしました。場所は、あるアート作品の審査会場。ぼくを含め7人の審査員が集まり、およそ300点の作品から、30点の作品を選んでいる最中のことでした。

詳細は省きますが、審査が行き詰まっていたので、ある新しい審査法を提案したら、「ダメです」と一蹴されたのです(最終的にぼくのやり方に賛同が集まり、そのやり方で進めたのですが)。

「新しいやり方ではダメだ」と声を荒げた男性(60代)に、悪気はありません。その方の正義を通しただけです。わかります。ご本人は悪くない。では、何が問題か? それはずばり「体育教育」だと思うのです。

ルールを守るプロフェッショナル
日本の体育では、今でも「ルールを守ること」が求められます。一糸乱れぬ整列と体操。ミスをしたらため息をつかれ、怒られる。先生は神のごとく絶対で、抗ってはいけない。つまり、既存ルールを巧みに攻略し、先生の言うことをよく聞く生徒がヒーローになるわけです。

この授業スタイルが生んできたのが、「体育脳」です。ルールを守るプロフェッショナルと言い換えてもいいでしょう。

昭和は、「体育脳の時代」でした。

なぜなら、規律を重んじ、チームの和を尊び、リーダーの命令を遵守する体育脳の先輩方は、「大量生産社会」において、フルにその力を発揮できたからです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360945
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp