日本を守るのに、右も左もない
360568 『古事記』は、古代ユダヤの『旧約聖書』が下敷きになってできている
 
田中拓帆 ( 青年 大阪 ITエンジニア ) 20/09/28 PM09 【印刷用へ
リンク

渡来人として知られる「秦氏」は、「ユダヤから来た(YUDU+KI)」という意味の「弓月君(ゆづきのきみ)」がその祖である。従って、秦氏は『旧約聖書』の神話とともにやって来たといえる。

わが日向神話の系図と旧約聖書の系図を比べてみると、その類似に驚くだろう。ここに、第一作から両神話の系図骨格を抜き出して、再掲・比較した。「別紙1 アブラハム以下の系図」と、「別紙2 アマテラス以下の系図」である。


アブラハム以下の系図 リンク

アマテラス以下の系図 リンク

以下も第一作からの引用で、両神話が密接な関係にあることを述べた部分である。世代構成としては、アブラハムからヨシュアまでの十五世代とアマテラスからスジンまでの十五世代が比較され、世代数が同じであることを確かめた。ユダヤ側の世代数と同じにするためには、日本側系図に、いわゆる「欠史八代」を挿入する必要があったことも確認した。

また双方の系図骨格線も非常に似かよっていて、ほとんど同じと断言できる。物語については当然ながら登場人物の名前がそれぞれの国で違っているものの、話のあらすじとしては、大枠が一致していると認めざるを得ない。そしてこれらの事実から、どのような結論が導かれるのか。

『古事記』は、古代ユダヤの『旧約聖書』が下敷きになってできている、これが結論である。異を唱える人が多いと思われるが、では日ユ神話・系図と同様の例題に挑戦してほしい。

例えばアフリカかどこかの民族神話の世代数とそれぞれの世代特有の物語において、その神話を知らない人が自らの想像(創造)でそれを創作してみてほしい。だれがやっても、類似の神話を作り出すことは不可能である。

従って『古事記』の編纂者のなかに、ユダヤに精通した人物がいたか、あるいはユダヤ人そのものがいたか、またはユダヤに関する知識を伝授するグループ人脈が存在していたか、その他さまざまな類推が可能である。『日本書紀』の編者の一人でもある太安萬侶こそ、その要素を兼ね備えた人物である。(『日本紀竟宴和歌』序)

両系図を比較することによって、山幸彦や海幸彦などでお馴染みの日向神話は、その下敷きとしてユダヤ神話の系図が利用されていることが分かった。この事実は驚くべきことであり、ユダヤ系秦氏の介在を前提にしないと絶対に納得できないことである。後述するが、日向は秦氏が住んでいた国(移住させられた国)であることは、明らかである。

しかし古代においてユダヤと日本には歴史的関連性ありという、どちらかといえば首を傾げる人が多い題材を選んで議論するには、双方の系図が相似形であることや同世代間の物語が類似していることのほかにも、一層の慎重さが必要になる。すでに第一作では、『旧約聖書』の中のアブラハムからヨシュアまでの15世代と、『古事記』のアマテラスから崇神までの15世代とを比較して、その記述量をベースにして双方の相関を調査している。

「別紙3 記述分量比較表」がそれである。一目して分かることは、他の世代が同じような相対的記述量になっているのに対し、6代目のベリアとジンムのところが大きく違っている。[ベリア≒0% ⇔ ジンム=28・4% ]と、大きな差が生じている。これは違和感が漂う差異であるから、少し詳しく見ることにする。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360568
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
火山噴火が「古事記」のアマテラス神話を生み出した。 「縄文と古代文明を探求しよう!」 20/10/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp