これからの暮らしはどうなるの?
360474 ベーシックインカムによって人々の間に起こる変化
 
きんぐ ( 25 大阪府 会社員 ) 20/09/24 PM09 【印刷用へ
実現塾でもベーシックインカムの実行によって、人々の意識が変わって、社会が大きく変わる。例えば、お金や生活の為に結婚している人は離婚し、シングルマザーが増える。人によって、若者も子供を産むことを選択するだろう。仕方なく働いている会社員も減って、社会の活力が上がることなど。
それを踏まえて、世の中の人がどうベーシックインカムを捉えているだろう。
リンク
より引用

かなり沢山書き出しましたが、多分他にも色々な変化が起こると思います。まあ自分が想像しなかった予想を発見する一つの機会だと思っていただけたらいいと思います。

・共働き世帯が減る
・非正規労働だけで子育てする人が出現
・女性が子育てに集中できる様になる
・保育所を利用しない人が増える
・保育所と保育士が減る
・介護に集中できる人が増える
・地域のコミュニケーションやビジネスが増える
・結婚する人と離婚する人が増える
・起業や投資や研究をする人が増える
・創造的な活動をする人が増える
・体を売る女性が減り、買う男性が増える
・ボランティア活動をする人が増える
・政治家になりたがる人が増える
・正社員と大学へ進学する人が減る
・運動をし始め、健康な人が増える
・一部の人は腐り果てる
・ブラック企業が無くなる
・社会保障、社会福祉、教育にかかる税金が大幅に減る
・労働力の大移動が起こる
・人が集まらない産業は潰れるか賃金上昇
・物によっては価格が上がる
・人口が急上昇
・人口を増やさない為にも消費税が増税される運命
・核家族よりも進んだ「核個人社会」になる
・地方が無理に客を呼ぼうとしなくなる

非正規労働だけで子育てする人が出現
夫婦の所得がベーシックインカムによって月10万円以上も増えると言う事で、正社員にこだわって働く人は減ると思われます。その結果、子育てをする際にも夫婦で非正規労働の仕事をしながら、と言う家庭が出て来るでしょう。
最悪片方だけがパート労働をして月22万円のお金でやっていく家庭があってもおかしくありません。
ベーシックインカムが導入されると人々の生活がある程度保証される為、企業が簡単にリストラを行える様に法律が変わる可能性もあります。そうなれば正社員からパートなどに移る人が増えてもおかしくは無いのです。

女性が子育てに集中できる様になる
共働き世帯が減ったとすれば、それだけ女性が子育てをし易くなります。その時に子育てをするのは女性だとは限りませんし、時によっては夫婦二人とも仕事を休んで子育てするかもしれませんね。

地域のコミュニケーションやビジネスが増える
子育てや介護の例から分かる様に、施設に依存せず、自分の家や地域で活動する人達が増えます。そうして自由な時間が増えると、人々は地域内でコミュニケーションをとったり、ビジネスを行ったり、とにかく協力し合う様になるはずです。
協力して子育てや介護をしたり、新たな物流を生んだりもするかもしれませんね。簡単に言えば地域が活性化すると言う事でしょう。

結婚する人と離婚する人が増える
これは低所得であることによって結婚を諦めていた層の人達が結婚をする様になり、一人で生きていける様になった夫婦が離婚し易くなると言うことです。
夢は叶い易く、人同士が依存し合わない社会になると言うことでしょうね。

ボランティア活動をする人が増える
これは純粋に良い話。統計を見た事はありませんが、生活に余裕があるのなら社会に貢献したい人がどれだけいるかは計り知れません。震災の時に出動したボランティアの数もものすごいみたいですから。
ボランティアって、お金と時間の問題さえクリアしてしまえばマッチングがしやすいんですよね。ベーシックインカムによって働く人はある程度減りますけど、こう言う人たちも増える事を同時に考えなければいけません。ボランティア専門の求人サイトみたいなのが出て来るとも予測できます。

政治家になりたがる人が増える
ボランティアが増えると言う事は、政治家になって直接世の中を変えようとする人も増えるでしょうね。
こちらもお金に余裕がないと難しいキャリアなので、ベーシックインカム導入と同時に立候補する人が増えるんじゃないでしょうか。

正社員と大学へ進学する人が減る
ベーシックインカムによって正社員にこだわる必要がなくなるので、正社員になる為にわざわざ受験までして大学へ進学する人は減るでしょう。要は、非正規雇用でも余裕で生きていける様になると言う事。
結婚も子育てもする気がない人は、特別な夢でもない限り正社員にはなろうとしなくなると思います。その頃に存在する仕事の種類や労働環境にもよるでしょうがね。

社会保障、社会福祉、教育にかかる税金が大幅に減る
ベーシックインカムが導入されると、その費用を捻出するために色々制度が廃止されたり見直されたりします。単純に数が減ったりするものも。
・生活保護が無くなる
・年金制度が無くなる
・保育所が減る
・介護施設が減る
・大学が減る
生活保護と年金の代わりはベーシックインカムが務めるからなくなるでしょ。保育所と介護施設は自分で保育と介護をする人が増えるから減るでしょ。大学は正社員にこだわる人が減るから進学する人が減るでしょ。そんな感じです。

地方が無理に客を呼ぼうとしなくなる
ベーシックインカムは手間を省いて予算を削減するために全員が同じ額を受給できるらしいんですよね。なら、物価の低い地方に住んでいる人の方が特をすることになります。
その人たちは余計に所得を得るための労働をする必要は無くなり、地域の活性化や文化を守り育てる活動などに時間をさく様になる可能性があります。すると地方というのは他の地域から入ってくるお金に依存しなくなり、あまり商業的ではなくなるかもしれません。例えば「観光大使」なんてのはもういらなくなるんじゃ無いでしょうか。「ゆるキャラ」とかもそうです。税金の無駄遣いですからね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360474
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
縄文体質は未来を拓く〜第5回 BI時代の「信仰」とは人へのあくなき同化から始まる 「縄文と古代文明を探求しよう!」 20/09/27 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp