心の本体=共認機能の形成過程
360465 セックスとまぐわいの違い
 
匿名希望 20/09/24 PM00 【印刷用へ
以下、引用。→リンク

「食欲」 「性欲」「睡眠欲」が人間の三大欲求(本能)であると長い間言われてきました。
しかし、これらは生物にとって生存や種の保存のために最低限必要な欲求であり、人間に限ったものでははなく他の動物にもあります。

最近では、人間の三大欲求は「食欲」「性欲」「集団欲」であると考えられてきているようです。
 私はこの「集団欲」がポイントではないかと思っています。

集団欲とは、「人と精神的に関わりたい」「集団の中にいたい」「孤独は嫌だ」という欲求のことです。
 群れること自体は他の動物にもありますが、それは主に生存のためのものです。人間の集団欲は、より高いステージに上がるための体験欲求としてあります。

人間には、集団欲を達成するために言語能力があります。言葉を持っているために、同じ目的や思想を持った人たちとグループを作ったり、社会を構成することが容易にできます。
 人間には言葉があるために、高度なコミュニケーションをすることが出来ますし、逆に、言葉が原因で対立することもあります。
 他人と対立する体験を含めて、人とのコミュニケーション体験を積み重ねていくことで私たちは成長していきます。

人間の集団欲が、食欲や性欲にうまく絡んでくると、他の動物には見られない高度な「食」、高度な「性」になります。
 昔から、人間は円卓での「食」を通してのコミュニケーションを大切にしてきました。
そして、人間の「性」もコミュニケーションとして存在し、それは共に奏でるアートに近いものです。動物の「交尾」とは根本的に異なるのです。

本来、 人間の「性」は魂の高度な体験欲求のひとつであるはずなのに、人間社会が作り出した道徳や倫理といったマインドコントロールによって生殖限定の動物的な「性」に引き下げられてしまっている傾向があります。

※引用: 女性はみんな巫女だった!夏目祭子さんの講演より

現代人は、性の交わりのことを「エッチ」とか「セックス」という言葉で表現します。
 国語辞典で引くと、「エッチ」は「hentaiの頭文字。いやらしいこと。」と記述されています。
 人間の性の交わりのことを、このようにネガティブな言葉で表現するようになったのは何時からでしょうか? 

また、「sex」という英語の言葉には、「男女の別」という意味があります。すなわち、「セックス」とは男と女は別々のものだという意識を内包する言葉なのです。
 愛の無い肉体だけの交わりならば「セックス」と言っても問題ないでしょう。
しかし、「愛」があると融合するのです。互いに心も体も融け合って一身同体になってしまうことが「愛」です。愛の瞬間には「別々」という感覚はありません。
 言葉を変えると、愛のある性の交わりは夏目祭子さんの言う「全身全霊のエネルギー交流」になります。これが「まぐわい」なのです。

相手と精神的に深く関わりたいと思う人間の「集団欲」は、「性」の場面においては創造的な「まぐわい」となります。
 人間の営みに中で行われる「まぐわい」は、単なる生殖のため、単なる快楽のためだけの関係ではなく、互いを開き、新たな可能性を開いていく関係を育んでいくことです。
それは、高度に進化した生命体の「いのち」が奏でるアートでもあります。

私は以前に、生まれ変わりの研究書である「生きがいの創造」(飯田史彦著)という本を読んだ時に、「人は人間関係を学ぶために生まれてきた」という一節を読んで目から鱗だった記憶があります。
 人間関係を体験すること。・・・これが、人が輪廻転生する目的でだったのです。

私たちが生きて行く上で体験する悩み事の多くは、人間関係ではないでしょうか?
 親子の問題、家族の問題、男女の問題、仕事の問題、ご近所トラブル、差別やいじめや仲間はずれ・・・、これらはすべて人間関係です。
 人は人間関係に悩み、それが原因で体を病んでしまうこともあります。しかし、私たちは輪廻転生の中で様々な人間関係を体験し、人間関係に悩むことによって魂の進歩を遂げていくのです。

そしてカルマとは、輪廻転生の中で自分が自分に課す宿題のようなものです。
 例えば、女性の心を散々傷つけてきた男性ならば、次は逆の立場を学ぶことを自分の宿題として、男性に傷つけられる女性というシチュエーションを選んで生まれてくるかもしれません。
その宿題に取り組むための最も良い環境として、私たちは場所や親や出会う人たちという人生のコンテンツを自分で選択して生まれてくるのです。
つまり、輪廻転生とは、様々な違うシチュエーションの中で人間関係を体験することなのです。

イザナギ・イザナミ

では人生の目的とは何でしょうか?
それは、心を育てることでしょう。

「感情」とは、好き嫌いや喜怒哀楽といったものをいいます。
 「心」とは、もっと奥行きの深いものであり、創造や発展を生み出すものです。

「心で生きる」と書いて「性」という漢字になります。この字はとてもダイレクトです。
 動物のオスとメスが生殖だけの目的で交わるのは「交尾」です。
 人間の男性と女性が心を溶け合わせながら交わると「目合ひ」(まぐわい)になります。この言葉には、目と目とを見合わせて心を通わせるという意味があります。

また、特定の異性との関係ではなくても、自分が男性として、あるいは女性として人や社会とどのように関わって生きて行くかということも人生の大切なテーマです。

すなわち、霊性の向上は、その人が人生の中で自分の「性」をいかに深く体験することが出来たかによって成るものだと思います。
したがって、恋人関係や夫婦関係、そして社会を生きて行く中で起こる様々な「性」に関わる体験を、失敗を恐れずに貴重なものと捉えていきたいものです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360465
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
361092 世界のSEX事情 匿名希望 20/10/19 AM10
シニア世代の男性8割、女性7割以上が性を謳歌?? 「共同体社会と人類婚姻史」 20/09/28 AM09
360483 『盆踊り 乱交の民俗学』:教科書が教えてくれない日本の歴史 匿名希望 20/09/25 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp