市場の支配構造(金貸し支配)
360464 ウーマン・リブはロックフェラーの仕掛け、目的は子供を母親から引き離し学校で染脳すること
 
宮田一郎 ( 東京 ) 20/09/24 AM10 【印刷用へ
アーロン・ルッソの証言
『あらゆる人権運動には裏がある』

リンク より書き起こし

彼の家で彼が語ったことのひとつは、笑いながら話し出したんだけど、
「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。

そのとき僕は型にはまった考え方で
「女性は働い男性と同等の給料を得る権利があると思うし、
丁度女性たちが投票権を勝ち取ったのと同じさ」と云ったら、

笑い出して「お前はバカだな」と

「どうしてバカさ?」と聞いたら

「あれが何だったか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。」
「俺たちがウーマン・リブを後押ししたんだ。」
「俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やTVで取り上げたんだ」と

「どうしてか知りたいか? 主な理由はふたつ。」
「ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。」
「ふたつ目は、(母親が仕事に行くので)子供たちは早くから学校に通う。」
「だから子供たちを家族から引き離して子供たちの考え方を好きなように出来る。」
「州が、(公立の)州の職員(教師)が子供達の家族になる。」
「親が教える代わりに学校が家族になる。子供たちにとって教師が家族になるんだ。」
「それらがウーマン・リブの主要な目的だった。」

それまで僕の考え方では(ウーマン・リブは)とても高潔なことだった。
でもその裏にある意図を知ったとき、
どういう背景か?、何でやったのか?、が見えたとき、
僕が高潔だと思ったことのうしろに邪悪を見ましたよ。

グロリア・スタイナムともう一人が、
ウーマン・リブの雑誌"Ms"にCIAが資金を出していたと認めたことを知っていますか?

いや、知りませんでした。それは聞いたことがない。CIAが"Ms"に資金を出していたんですか?

女性に課税することと、家庭を壊すことを目標として言明しつつ、CIAが"Ms"誌に資金を出したんです。

ホントですか!?それは聞いたことが無かった。でもニックに言われてたからCIAが関係してたのは知ってたけど。

グロリア・スタイナムは、
<CIAが「あなたが女性を助ける手助けをしたい」と言った>、
<それで資金を出してくれた>と、誇らしげに言っていましたよ。
もちろん その運動を分裂させて征服したわけだけど。
それに元々女性は色々ひどい目に遭ってきたけれでも、
彼らエリートは彼女たちを助けるどころか実はもっとひどい目に遭わせて、
彼女たちを男から取り上げたんです。

黒人社会を見てご覧なさい。
50年前には私生児の割合は10%だったけど、今や90%以上です。
福祉ときたら、(政府から)お金を貰おうと思ったら家の中に男がいちゃまずい。
家族がこのようにすっかり崩壊させられ、総人口で見ても私生児の割合は、50%以上です。
 
  List
  この記事は 360330 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360464
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
360730 「男女平等に関する作文コンクール」より、小学2年生の作文を紹介 宮田一郎 20/10/05 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp