学者とマスコミはグルで頭脳支配
360396 結局コロナはインフルエンザや風邪 〜今年のインフルエンザの感染者は”0”(厚労省データ)〜
 
紺碧空 ( 38 大阪 社会人 ) 20/09/21 PM10 【印刷用へ
リンクより引用

****

2019年末から世界中で大騒ぎしたコロナなのに、7/18になってようやく米国CDCがコロナの症状を発表しました。
 7/18報道、CNN「コロナの症状、大半の患者で共通点が判明。米国CDCが分析(リンク)」
「コロナ感染者に共通する症状は、発熱・息切れ・セキ。まれに寒気・疲労感・頭痛・下痢・腹痛、嘔吐など。軽症者なら味覚や嗅覚を失う。」
これ何かに似てますね。風邪やインイフルエンザの症状ですよ。

各国政府は、インフルエンザをコロナと書いてくれた医者に多額のワイロを払って買収していました。本当はインフルエンザなのに、コロナと書いて欲しいのです。
 
=医師たちを、日本政府が買収=
コロナと書けば、病院は1人あたり毎日42万円がもらえます。
「コロナなら診療報酬は3倍。1人1日24万〜42万円払う」朝日新聞5/24
「都道府県も上乗せ。愛知県は1人400万円を病院に払う」朝日新聞4/24
医師にコロナと書かせるワイロは、「1病院あたり平均2億円」国会で田村議員5/24
「保険会社も上乗せ。コロナなら保険金を2倍払う業界ルールに変更」朝日新聞4/16
「ホテル・自宅療養でもコロナなら入院保険を2倍払う」 だから国民も嘘に付き合え。
埼玉県庁の職員、
「一度でも検査で陽性なら死因を問わずに”コロナ死”として発表するように厚労省から各都道府県に連絡があった」NHK6/19。
★市民の追求動画= 厚労省「嘘を言え」→ 愛知県庁「はい、従います」
★吉野医師「都庁の職員も同じだ。嘘に罪悪感がない。」
★厚労省「本当は別の死因でも、PCR陽性ならコロナ死として発表しています」
※厚労省URL内のPDFで堂々と「捏造しろ」と指示書を公開中。
※死因の嘘がバレたニュース…那覇市、鹿児島市、名古屋市、宮古島市…

コロナは政府の嘘だったのです。
本当は、ただのインフルエンザ。だから今年はインフル感染者はゼロ。 コロナはインフルを数えてるに過ぎないから厚労省の毎年統計インフル患者は、今年は0人です。


わりと決定的なものを見つけてしまいました。厚生労働省の公的なデータによると3月上旬から6月3日までインフルエンザが0になっています。インフルエンザ感染者はどこへいったのか?
一応スクショも。リンク pic.twitter.com/QmO4aIt3VL
— chicken_ramen (@chickenramen153) June 3, 2020

捏造を始めたのは1月下旬(クルーズ船の頃)からです。例年の3分の1にピンハネしてコロナに付け替え。2月から6月まではインフル0人で全員コロナ扱いでした。6月にSNSで拡散されてバレたと気付いた厚労省は、大慌てでインフル統計を7/3から復活させました。まだ国民にバレていない…
▼アデノウィルスは、今年は0人のまま。
▼手足首病も例年の1%だけ。
▼ロタウイルスも例年の1%だけ。


感染性胃腸炎も…! pic.twitter.com/W1iIoKwvMj
— smile (@smile_andme) July 3, 2020 
______後日追加。8/16になって、やっとニュースも報道した。
8/16 朝日新聞 「新型コロナ増えたけど…他の感染症が激減」
9/15読売新聞「インフル患者数が異例の少なさ、1000分の1以下」
8/16 厚労省も認めた「コロナが危険と言う資料はない。PCR陽性者が感染者という根拠もない。様々な死者を、すべてコロナ死と発表していた」音声、txt版。


結局、何でもかんでも「すべての感染症」をコロナと偽り発表していたのです。医者を買収するメニューも、多いほど金銭欲で何回も医者が揺らめくからです。
そもそもガン疾患すら最期の死因はガン死は1割に過ぎず、
免疫低下による感染症が9割だから、ガン死すらもコロナに上乗せされます。

=他国も同じ手口でした=
ロイター「世界中でインフル感染者が過去最低。中国9割減、韓国8割減」
ニュース24「南アフリカもインフル疾患が今年は0人。40年間で初めて」
州知事が記者会見して暴露「イタリア政府は、インフルをコロナと捏造している」
オーストラリア政府も、今年はインフル感染者ほぼ0人。前年の1,000分の1です。
チリ政府も、インフルエンザ感染者は今年ほぼ0人。前年の600分の1です。
どの国も同じ手口でした。
皆さんもTVで1月から、コロナ患者を診察した多くの医師が異口同音だった言葉を覚えてるはず。 「風邪やインフルエンザと見分けが付かない」 当たり前ですよインフルエンザだから。


=アメリカ政府も、ワイロでコロナ=
コロナ判定した医師には139万円を〜人工呼吸器で治療すれば416万円も払っています。コロナ専用の人工呼吸器なら致死率90%なので、医者は殺してでも高い416万円を欲しがっています。面倒な治療するより、初診から人工呼吸器につないで416万円ゲット。これは簡単、バイトでも出来ますね。アメリカは今や、何でもコロナです。
TVで米上院議員「交通事故の死体まで検査して陽性ならコロナ報酬がもらえる。この日からNY州の死者数が他国より200倍に増えました。」
NY州の葬儀屋「病院は、何でもかんでも全ての死亡証明書にコロナと書いていた」
Buttar医師「家から電話相談でも似た症状を聞いただけでコロナ判定。さらに予防接種した人までコロナとされ、感染数に混ぜている。まったくデタラメだ」
米ジェンセン上院議員「癌死なのに、家族にコロナ陽性がいたらコロナ死に混ぜている。死亡診断書の書き方で厚生省から指導があった。”コロナ死と書けば検査は必要ない“と。」
WHOも 「検査は不要。似た症状でコロナ死と語れ」と4/8から世界に通達。

以上引用終わり
 
  List
  この記事は 360142 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360396
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
360579 ロックダウンを採用しなかったスウェーデンが集団免疫を獲得との見方 匿名希望 20/09/29 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp