私権社会の婚姻制
360359 「性に奔放すぎる」日本の歴史
 
匿名希望 20/09/20 PM08 【印刷用へ
リンク より引用

現代の日本は、「性」に関して不寛容といってもいい社会だ。不倫が発覚した政治家やタレントは世間から糾弾されてそれまでの地位や収入を失い、一般の夫婦間でも夫の風俗通いなどを理由に離婚に至るケースが少なくない。もちろん、いずれも当事者にとっては許容されるものではないが、最近は当事者外からのバッシングも過熱する一方だ。
『江戸の性事情』(ベストセラーズ)の著書を持ち、江戸の人々の性に詳しい小説家・歴史評論家の永井義男氏は、「日本人が性に関して潔癖さを求めるようになったのは、歴史的に見れば、ここ最近の話です」と語る。
 江戸は、よくいえば性に奔放、悪くいえば野放図だった。現代とは性に関する意識に大きな違いがあるが、永井氏によれば、不倫や性風俗には共通点もあるという。現代日本人が知っておくべき、江戸の性事情を紹介しよう。
不倫=密通は当たり前、死罪になるケースも
 男女間の不倫が盛んで、発覚するとなんらかの制裁を受ける点は、現代も江戸も変わらない。永井氏によると、江戸では不倫のことを「密通」と呼んでいたという。
「密通がバレると、間男(夫のいる女性と性的関係を持った男)は、女の夫に7両2分の慰謝料を払って解決しました。この習慣を『内済』といいます」(永井氏)『江戸の性事情』(ベストセラーズ/永井義男) 現代の不倫に比べると密通の定義は広く、正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通となり、法的に処罰の対象となった。ただし、処罰しようにも事例が多すぎたため、実際は密通で捕まることはなかったという。
 そこで、密通を解決する方法として行われていたのが「内済」だ。これは町奉行所を介さずに、当事者間で話し合ってことを収めるというもの。慰謝料にあたる「7両2分」は、当時の庶民にとってかなりの大金だったので、実際はもっと少ない金額で解決されることが多かったようだ。
 しかし、当時の身分制度である「士農工商」に抵触するケースの密通は、発覚するとただでは済まなかった。永井氏によれば、「たとえば、武士の家来と主人の奥さんとの密通がバレて、町奉行所の管轄事項になると、2人とも死罪になります」という。
 ただ、あまりに罰が重すぎることに加え、メンツを重んじる武士が家来に妻を寝取られたとあっては体面を保ちにくい。そこで、「なんらかの理由をつけて妻と離縁。家来も同様にクビにして、当事者間で密通自体を白紙にするのが当時のやり方」(同)だったそうだ。
 表面上は厳しい制裁を受けなければならなかったが、こうした数々の抜け道があったため、江戸では現代以上に男女間の不倫が盛んだったという。
風俗は“本番”が基本、紙くずより安かった街娼
 一方、性風俗はどうだったのだろうか。江戸では売春が合法だったので、売る側にも買う側にも、そして世間一般にも、売春に対する罪悪感や抵抗感はなかった。公娼と私娼を合わせるとかなりの数の遊女が存在し、現在とは比較にならないほど売春に寛容な社会だったという。

サービス内容も、きわめてシンプルだ。現代は、ソープランド、デリバリーヘルス、ピンクサロンなど、業種によってサービスも異なるが、江戸はそうではなかった。
「江戸では“本番”が当たり前だったので、サービスの違いは基本的にありません。しかし、料金は営業形態によってピンキリです。最高級は公娼である吉原の『呼出し昼三』と呼ばれる最上位の遊女で1両1分。一番安かったのは、日が暮れてから道端に立つ“夜鷹”と呼ばれた街娼で、蕎麦1杯と同じ24文だったといわれています」(同)
 町人文化が発展した文化文政年間(1804〜1830)の通貨制度や換算レートで考えると、1両は約6500文で、1分は約1625文。吉原の公娼と夜鷹の値段の間には、約340倍の開きがあったわけだ。
AdChoices広告     ちなみに、江戸は全般的にモノの値段が高く、特に紙が貴重品だった。正確な量ははっきりしないが、天秤棒で担ぐような竹かご2杯分の紙くずが、およそ200文だったとされている。つまり、夜鷹を買うよりも紙くずのほうが約8倍も高かったのである。
 現代の性風俗もデフレ化が進んでいるが、江戸では遊ぶ相手を選ばなければ、とんでもなく安い料金で性風俗を利用することができたのだ。

 しかし、明治、大正、昭和と時代が移り、戦後の1958年4月1日には売春防止法が完全施行された。1618年に吉原の遊郭が営業を開始して以降、約340年間にわたって合法だった売春は違法行為となり、その後、「性」に関する世間の目はどんどん厳しいものになっていく。

それだけに、江戸をよく知る永井氏は「最近は、性に対する意識が厳格になりすぎているのではないか」と危惧する。ただし、永井氏は江戸の性の寛容さを賛美したいわけではない。当時の資料を綿密に調べ、『江戸の性事情』では実質的に人身売買だった遊女の暗黒面についても語られている。
 日本人の性はどうあるべきで、今後どのように変化していくのか。不倫問題が世間を騒がせることの多い今、江戸の性事情は未来の日本人の「性」に多くの示唆を与えてくれそうだ。
 
  List
  この記事は 360199 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360359
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp