日本を守るのに、右も左もない
360349 日本電産の永守会長が賃金カットを好むワケ。だから日本人は頑張れる!
 
長曾我部幸隆 ( 30 神奈川 会社員 ) 20/09/20 AM10 【印刷用へ
リンク

名だたる日本の大企業が次々と深刻な不振に陥る中、永守重信氏率いる日本電産がコロナ禍でも黒字を確保するなど、好調な業績を上げています。何が他の企業との明暗を分けたのでしょうか。今回の無料メルマガ『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』では著者でコンサルタントの児島康孝さんが、「リストラ」と「賃金カット」をキーワードにその原因を分析するとともに、「永守流経営」こそが日本の現状にマッチしている理由を解説しています。

■日本企業は、日本電産「永守流経営」で蘇る!
日経ビジネスは、ときどき新聞報道を上回る特ダネを掲載することがあり、新聞社やテレビの経済記者も一目置いています。たまに、日経新聞より日経ビジネスが早いことも、あるぐらいです。

きょうちょっと見かけたのですが、「減収でも増益の日本電産コロナ禍に立ち向かう永守流コスト改革」(日経ビジネス7月22日)。この日経ビジネスの記事で、リーマンショックやコロナウイルスに対して、日本電産の永守会長がどのように指示を出して、難局を乗り切り、また乗り切ろうとしているのか、分析しています。

■日本企業は、リストラより賃金カットを
日本電産が、なぜ難局にも強いのか、これは、安易に解雇・リストラをしないからです。

リストラで、明日にも人員削減の対象になるかもしれない、このような状況では、とても会社の先行きどころでは、ありませんよね。つまり、無理な人員削減をしないという安心感があるからこそ、業務改革に専念できるのです。もし、リストラをしながら「永守流経営」をしようとしても、誰もついて来ないでしょう。

多くの日本企業が、安易な経営判断のリストラでボロボロになり、技術が中国や韓国企業に流出してしまった理由です。

日本企業は、人員削減ではなくて、苦境には、賃金カットを一律実施すべきであったのです。

■欧米と異なる、雇用慣行
欧米のようなリストラは、その前提条件として、同じ業界の一般職で「水平転職」が可能であり、しかも、履歴書に写真も貼らないで良いほど、雇用の機会が均等であるということが必要です。アメリカでは、採用時に年齢も問いませんから、若い人かと思ったらすごく年配の人だった、と人事担当者が、驚くこともあるほどです。

ですから、日本のような新卒採用優先の社会では、まだアメリカ型のリストラは向いていません。これを、日本で無理やりやったので、企業内では技術や人材の流出、社会では膨大な低所得者、貧困層の出現を引き起こしました。

極端な話、日本電産の社員であっても、もし景気悪化の際に日本の労働市場に放り出されたら、正当な評価、労働力の「マーケットメイク」はなされない可能性が高いです。これが、先進国の中でも、特に壮絶な日本のデフレのおもな原因というわけです。

つまり、一度日本の企業を離れたら、二度と中流以上の階層には戻れないという、実にいびつな社会です。

もっとも、アナリストやファンドマネージャーは例外的で、他の外資や、シンクタンクに移っている人も、日本でも多いですね。こういう人達が、雇用や社会の分析をしますから、何が日本で起きているのかよくわかっていないのです。

ですから、永守会長の日本電産のような、人員削減はしないで、賃金カットはするけど、みんなで知恵を絞って頑張ろうという仕組みが、日本では危機の際に、強みを発揮するわけです。

私が詳しいテレビ業界では、日本テレビが、かつて賃金カットで乗り切りました。看板アナウンサーが何人か辞めたりしましたが、業績が戻れば、賃金を戻すのは容易です。そして業績が戻ると、外部スタッフの区別なく、従業員食堂の無料開放などを実施しました。

こうしてみますと、リストラ、人員削減や採用と、賃金の上下の調整と、どちらが簡単で、ショックが少ないかと言うと、やはり、賃金の上下です。どんな世界でも、ノウハウや技術は一朝一夕には確立できないからです。

こういう背景もあってか、フリーのテレビ関係者も、フジテレビよりも日テレを信頼して、良い企画は日テレに、一番に持っていったようです(いい時だけのフジテレビと、長年業界で言われていた)。こうして、当初はカネがあったフジテレビは、徐々に力が落ちてゆき、日テレが伸びることになりました。

ですから永守会長の経営は、今の時点では日本の現状に、マッチしています。

もっとも、すべての職種、労働力に対して、プロ野球のドラフト、トレードや、あるいは、オークションや株式市場のように、「マーケットメイク」がなされるような未来が来れば、状況は変わってくるでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360349
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp