本能⇒共認機能⇒観念機能
360343 言葉の不思議と日本人の感性 右脳を刺激する言葉
 
匿名希望 20/09/20 AM00 【印刷用へ
リンク より引用。

***
言葉の音のイメージを、言葉を構成する音から説明しようとする研究はこれまでも、「音意説」、「音義説」、「一音一義説」、「語音象徴」、「音声象徴」などの名(まとめて「音義説」と呼ぶことにしましょう)で古くから多くの学者によってなされてきましたが、明治以降は、音義説は科学的価値に乏しいとされて否定され続けてきました。残念ながら、現代においては音義説の研究は邪道の部類に属します。言語学系の知識が豊富な人ほど、言葉の音のイメージとか音義説とかいう言葉を聞いただけで顔をそむけて、話を聞こうともしないというのが現状でしょう。
 ほんの一部の言葉を除いて意味と音との関連性は見い出せない。それが通説です。もし私が言語学や音声学、音韻論の研究者であったなら、周りの目を気にして決して手を出さなかった領域だったかもしれません。
 音義説は日本を代表する国学者たちによって、特に江戸時代後期に盛んに研究されました。彼らは、日本語の研究に没頭し、それぞれに大きな成果をあげた優秀な学者であり、音義説についての研究ばかりを行っていたというわけではありません。研究の過程で音義説に足を踏み入れたと言ったほうがよいかもしれません。参考までに日本における音義説研究の流れを紐解いてみましょう。
多田義俊(ただよしとし)
1698〜1750年 江戸時代の国学者。『以呂波訓義伝』を著し、イロハの一字一字に意味があると説いた。
賀茂真淵(かものまぶち)
1697〜1769年 多田義俊と同時代の国学者。『語意考』が、のちの音義説の成立に大きな影響を与えたとされる。
鈴木朖(すずきあきら)
1764〜1837年 江戸後期の国学者。『活語断続譜』は用言の活用形を研究したもので、いわゆる活用図を作成するという画期的な功績をあげた。『雅語音声考』は言語の発生について論じたもので、「言語は音声なり。音声に形あり姿あり心あり。されば言語には、音声をもって物事を象どりうつすこと多し。」との記述があり、言葉を次の四種類に分類している。「一つには鳥、獣の声を写す」、「二つには人の声を写す」、「三つには万物の声を写す」、「四つには万づの形、有様、意、仕業を写す」。
平田篤胤(ひらたあつたね)
1776〜1843年 江戸時代後期の国学者。『古史本辞経』(別名『五十音義訣』)で五十音図の沿革を述べ、五十音図の各行の意味を音義説によって説いた。
橘守部(たちばなもりべ)
1781〜1849年 江戸時代後期の国学者。音義説によって「てにをは」を論じる『助辞本義一覧』を著した。五十音図の各音はそれぞれ固有の意義をもつとする「一音一義説」を説いた。
富樫広蔭(とがしひろかげ)
1793〜1873年 本居宣長の学問を受け継ぎ、日本語文法の体系化を完成した江戸末期の国学者。『言霊幽顕論』で、一字一字に意義があると説いた。
堀秀成(ほりひでなり)
1819〜1887年 富樫広蔭の門下で、幕末から明治にかけて活躍した国学者。音義説を唱えた最後の学者とされる。『音義全書』を著すも現代においては学術的に認められてはいない。
藤岡好古(ふじおかよしふる)
1846〜1917年 明治大正時代の国語学者、神官。堀秀成の門下として国学を学び、音韻学についての造詣が深かった。編書に堀秀成著の『音義全書』がある。

言葉の音にはイメージを伝える何かがある。そう思われながらも音義説が否定される大きな原因は、音とイメージの関連づけをあまりにも狭義に行っている点にあると思われます。
サ行は爽やかでカ行は固い、ナ行は柔らかいなどといった断定的な関連づけは、多くの矛盾を生むことになります。大雑把に言うならばそれらの音にそのような傾向があることは否定できませんが、カ行だからといって[か・き・く・け・こ]のどれもが同じような固さを感じさせるわけではありません。[さ・し・す・せ・そ]が音韻的に似ている(前舌音であり無声摩擦音)からサ行の音はどれも爽やかなイメージだなどと決めつけることに問題があるのではないでしょうか。  同じカ行でも、それぞれの音から伝わる印象は微妙に違っていますし、「固い」というイメージ以外にもたくさんのイメージを含んでいます。
一つひとつの音は、様々な方向と強さの無数のイメージをもち、いわば複数のベクトルの集まりで成り立っていると考えられ、それらの大小によって特定のイメージを感じたり感じなかったりするのではないでしょうか。

さらに、音の組み合わせから成る「言葉」の場合にも同じことが起こっていて、様々なベクトルをもつ音たちが集まってベクトルが積み上げられ、言葉全体からのイメージが生まれる。私はそう考えています。
 「コンニャク」という語には、固いとされるカ行の音が含まれますが、私たちはこの言葉に違和感を感じることはありません。これは、[ニャ]の音がもつ柔らかさを感じさせるベクトルが大きいからだと解釈することができます。言葉全体のベクトルから、ほどよい固さと柔らかさが相まってぷりっとした弾力が伝わり、コンニャクという実体と言葉の音のイメージがうまく合致しているというわけです。

***
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360343
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp