次代の活力源は?
360255 私を前向きにした「夢」を手放したとき。初めて知った「好きを仕事にしなくていい」
 
匿名希望 20/09/17 PM01 【印刷用へ
”やりがいのある仕事”を探すよりも、なんのために仕事をするのかを思い返すと日々の仕事に感謝しながら過ごせるものですね。

引用先→リンク


------------------------------------------------------------------


「こんなはずじゃなかった。」

 くたくたになった暗い帰り道。

 今日も、くだらないことで怒られた。私のせいじゃない。

 涙さえ、もうでない。こんな夜を迎えるたびに思い出すことがあった。

「好きなこと」が夢になり、前向きな私にしてくれた

 私は好きなことを仕事にできると信じていた。

 高校1年生のころ、とあるインディーズバンドと小さなライブハウスで出会い、熱烈なファンになった。そのバンドはどんどん売れて、気が付けばライブ会場は大きくなっていた。音楽が届いていく姿を見て、ひどく感動し、憧れを抱き、夢になった。「将来は音楽を届ける仕事に就きたい」。そんな夢を持ってしまったのだ。

 大学は、夢を叶えるために広告を学べる学部に進学した。CDショップやライブハウスでアルバイトもした。あの頃の私にとって、「音楽」に携わらない未来は、少しも見当たらなかった。そして、私が企画したライブイベントに憧れのバンドマンたちに出演してもらったこともあった。憧れのバンドマンが、ステージの上で私の名前を呼ぶ。そこには夢しかなかった。私は音楽が好きだ。好きだった、本当に。

 そして「好きなこと」を夢中で信じている私を好きでいる人たちが沢山いた。彼・彼女たちは、口をそろえて「あなたといると前向きになれる」「あなたなら大丈夫だよ」って言った。

 私はもともと自己肯定感が低かった。きっと生まれ育った環境が影響している。よく両親には、社交的で明るい兄弟と比較されて、私の内向的で一人が好きな性格を否定されてきた。そして両親が学歴コンプレックスを抱いていたせいで、小学生の頃から褒められるのはテストの点数が良い時だけだった。ありのままの私を褒め、認めてくれた経験はなかったのだ。だけど、夢を持って頑張っている私はポジティブになることができ、初めて周りから認められた気がしていた。

 それなのに。

破れた夢の後にあったのは、ネガティブな力が私を動かす日々

 結局、就職活動はうまくいかず、音楽と関係のないメーカーに就職し、代理店営業をやることになった。

 社会人になると、あれだけ「好き」を原動力に動いていた自分はどこにも見当たらない。好きという感情よりも、他人に迷惑かけないように、怒られないように、そんなネガティブな気持ちが私を動かすエネルギーになっている。

 「こんなはずじゃなかった」とつぶやきながら眠り、目が覚めると怒られたくないから出社する。新入社員の時、トップセールスの先輩に「仕事のやりがいはなんですか?」と聞いた時の困った顔が忘れられない。そして何かしら答えたであろう、やりがいとやらは全く覚えていない。

 私にとって、「仕事は楽しくないもの」という共通認識の中で生きているのが、つらくてたまらない。落ち込むたびに、ライブハウスでの出来事を思い出してしまう。ステージの上のバンドマンも、お客さんも、スタッフも、みんな音楽が好きなのだ。「好き」で充満している多幸感あふれる空間の一員として働く自分が、恋しくてたまらない。社会人になってからは、成長どころか後退しているような気がしていた。


・涙ながらに相談した上司の言葉に、目が覚めた私

 「仕事が楽しくない」

 入社して1年が経ち、私は泣きながら上司に相談した。

 仕事はつらかったが、上司にはとても恵まれた。自分の父親より年上だが、古い考えがない方だった。配属されてすぐに「なるべく嫌だなって思うことは排除していくからすぐに相談してほしい。それが僕の仕事だから」と優しく声をかけてくれた。そして、客先からのいやがらせに合った際には私のことを一度も否定せずにすぐに対処してくれるような上司だった。勝手に大人はもっと残酷だと思っていた自分が恥ずかしくなるほどに、私は彼を信頼していた。

 「僕も楽しくなかったよ」。そう返した彼の言葉の続きは、仕事に対する私の考え方を大きく変えることになった。

 「でも、仕事というものは、自分が楽しいかどうかよりも、ちゃんと誰かの役に立っているかどうかが重要だ。それに気づいてから、自然と今の仕事を好きになれた。こうして君が給料を貰えているのは、楽しくても楽しくなくても、お客さんにありがとうと言われても言われなくても、確かに君の仕事が誰かの役に立っているからだ」

 この言葉で、夢から目が覚めた。私は、夢にしがみついていたのだった。

 平凡でありふれた人間が、あるバンドと奇跡のような出会いをして、夢を持った。ただそれだけで特別な人間になれた気がしていたのだ。

 自己肯定感が低い私は、夢をもって、好きなことを仕事にしている特別な人間でいなければ他人から愛してもらえないと思い、自分でも自分を愛せなかったのだろう。私は自分を好きでいるためだけに、仕事をしようとしていた。仕事の価値の本質を理解していないことに気が付いたのだ。やっと夢から覚めて、世界が緩んだ。

 まずは、今のこの退屈な仕事で、どれだけ誰かの役に立てるかを最大限に考えてみよう。そうすれば、好きを仕事にできなくても、仕事を好きになることは出来るかもしれないから。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360255
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp