次代の活力源は?
360195 東大生が見た「頭が柔らかい人、硬い人」の習慣 「なぞなぞみたい」な東大入試を解く人の頭の中
 
匿名希望 20/09/15 PM08 【印刷用へ
リンクより引用します。

(以下引用)

(前略)
「頭の柔らかさ」が問われる東大の入試問題
2007年時点で、世界の鉛消費量は鉱石から生産された量の2.2倍になっている。このような現象がなぜ生じているのかを答えなさい。【2011年 東大地理第2問 一部改変】

 生産量の2倍以上が消費されるというのは、よくわからない現象ですよね。生産された量以上に消費されるなんてありえるのでしょうか? そしてこの問題に答えられるような「頭の柔らかさ」を持つためには、どうすればいいのでしょうか?

 結論から言うと、頭の柔らかい人とは「いろいろな目線」で物事を見る人のことだと僕は考えています。「1つの見方」に凝り固まってしまうのではなく、「複数の見方」で物事を見るようになると、頭が柔らかくなるのです。

 例えば上の問題。「生産側」から考えれば、つくった以上のものが消費されるというのはありえない現象です。しかし「消費側」から考えると、自ずと答えは見えてきます。

 僕らは、同じものを何度も消費することがあります。僕の祖母はよく昔使っていた服の生地を使ってハンカチをつくってくれますし、会社でも一度使った資料の裏紙にコピーすることがあるのではないでしょうか。消費側から見れば、そういう「リサイクル」は当たり前のことです。

 そう考えれば、携帯電話やPCがリサイクルされ、もう一度その中の金属を利用することがあることに思い至ります。「鉛」は機械から回収されて、僕らはそれを2回、3回と繰り返して使っているのです。だからこそ、生産された量の2倍以上が消費されるという現象が起きるのです。

 こんなことは、教科書や参考書には書いてありません。与えられた情報をもとにその場で考える「頭の柔らかさ」が求められているのです。

 こんな問題もあります。

明治期には、砂糖の消費量が増加した。このような食生活の変容をもたらした要因は何か、答えなさい。【2003年 東大日本史第4問設問B 一部改変】

 多くの人は「え? 鎖国が終わって西洋風の文化が入ってきたから、砂糖も多く用いるようになったんでしょ?」と考えると思うのですが、それは「消費側」の話でしかありません。実はそれ以上の理由があるのです。

 西洋風の文化が入ってきたからといって、砂糖そのものがなければ食生活が大きく変わることはありません。実は鎖国が終わったことで、海外から砂糖を輸入できるようになったのです。特に砂糖の一大生産地である台湾を領有した1895年(明治28年)以降、砂糖の輸入はますます増えました。

 このように、「消費側」だけでなく「生産側」の事情も書けていないと、この問題は点数が取れません。こんなふうに、「いろいろな角度から物事を見る」思考を、東大は求めているのです。

 そして、これこそが頭が柔らかい人の特徴なのです。逆に1つの見方にこだわって、一方向からのみ見てしまっていると、「頭が硬い人」になってしまいます。

 何か意見を言ったときに、こちらの側に立って考えてくれないで、自分の立場の主張だけをする人って、頭が硬い人という印象がありますよね。

 それに対して、「頭が柔らかい」と言われる人は、「あなたの考えもよくわかります」と相手の立場に立ったうえで、いろいろなことを考えてくれる人のことを言うのではないでしょうか。いろいろな方向から物事を見て、いろいろな立場に立って考えられることこそが、「頭が柔らかい人」の特徴なのです。

「頭を柔らかくする」東大生の習慣
 では、このようにいろいろな角度から物事を見られるようになるには、どんなことをすればいいのでしょうか?

 東大生にインタビューして見えてきたのは、「あえて自分と反対の立場になってみる」という思考習慣です。

 例えば、何かの論題に対して賛成の意見を持っているときに、あえて反対の意見を考えてみます。「社内のオンライン推進」という議題があったときに、あなたが賛成しているのであれば、あえて逆のことを考えて「社内のオンライン推進を反対する人って、どんなことを考えているんだろう?」「どんな理由で、反対しているんだろうか?」と真剣に思考するのです。

 これは東大生の中ではポピュラーな勉強法です。東大の入試問題などでも「この意見に賛成か反対か選んで答えなさい」という問題がよく出題されるのですが、その過去問を解くときに、あえて自分の本当の立場とは逆の立場で問題を解く訓練をしていたという学生は非常に多いです。

 また、「逆の立場」というのは「賛成・反対」だけではありません。世の中にはいろんな立場の対立があります。急進派と穏健派、右派と左派、大人と子ども、読み手と書き手、生産者と消費者、問題を解く人と出題する人……。

 人は通常、どちらか一方の立場にしか立てないものです。しかし、だからこそ、自分の今の立場と反対側の立場で真剣に考えてみるのです。

 レストランに入ったときにお客さんとしてではなく、そこで働く人や経営者の立場に立って考えてみる。本を読むときに、その本を書いた人の気持ちになって考えてみる。話すときに、聞く人の気持ちを考えてみる。ニュースに怒りを覚えたら「何かどうしようもない事情があったんじゃないか」と考えてみる。

 普段からそんなふうに考える習慣がある人は、頭が柔らかい人になれるのです。


 (後略)
 
  List
  この記事は 359640 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360195
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp