いい女って、何? いい男って、何?
360122 男の庇護そのもの、女の依存そのものが互いの充足☆
 
女の職場話 20/09/13 AM09 【印刷用へ
>社内でも、女性社員が「依存」について考えたり、男の人についての話をしているのを、男の人たちがニコニコ受け止めてくれるのが本当に有難く心地よく感じています。
先週の記事359908「社会の根底に性がある、それをみんなで話したい♪」にて、「女の依存」についてこう書きました。

直近でも、とても充足するやり取りがありました(直接ではなく社内掲示板上のやり取りだったのですが、本当に充たされました…(*^^*))ので、ご紹介します☆

ベテラン世代の塾担当の男性Tさんがこう書いてくれました。
>この1ヵ月半、夏期講習期間を過ごした中で、自分自身のことでありながらびっくりしたことがある。

>まあまあ自分なりには例年に比べて忙しかったかなとは思っているのだが、ほとんどイライラすることがなかった。そして積年の課題であるキレちゃうところもほとんど出なかったような気がする。

>普段から自分でも年齢の割にはパワフルな奴だという自負はあったが、この夏は例年の1.5倍以上のパワーは出せたような気がする。それに例年と比較すると3倍以上楽しかった。

>これはみんなが活力を上げるヒントを自分が何かつかんでいるのではないかと思い、何でやろ?と思っていろんな投稿を読み直し、会議のノートを読み直したりしてみた。そしたらやっぱり行き着いたのは女性からの期待。これ以外に考えられる要素は恥ずかしながら見つからなかった。

>正直「依存」という言葉につい最近までは悪いイメージしか持っていなかった。だから自分が誰かに依存することに強い罪悪感を感じていたし、そんな感じだから人に依存するなどもってのほかという感覚で仕事をしていた。今思えばそれはしんどかったし気持ちよくもなかったし、何よりも誰にも充足を与えることができていなかったのだと思う。

>秘書の投稿に、「女の子たちの期待や充足がどんどん男の人たちの闘争意欲や充足を引き上げているのを感じるし、そうやって応えていこうとしている女の子たちが本当に可愛いし、愛おしい。」という部分があったが、そうそうまさにそれ!と思った。僕は依存してくれる女性に生かされているんだ、と思ったらほぼ全ての女性が可愛いし愛おしいと思えるようになった。

>この気持ちを恥ずかしがらずにリミッターを外してさらけ出すことがまずは第一歩目で、そこから相手のまっすぐな期待に喜びを感じながら素直に応えようとすることが、男の飛躍的な活力上昇に繋がるのではないかと思う。まっすぐな期待にまっすぐに応える。心がけることはシンプルにこれだけなのかもしれない。

女にとって本当にありがたい言葉です♪ 生物史も振り返って、この有難さを固定していきたいと思います☆

気になる続きはコチラ☆→リンク
 
  List
  この記事は 359908 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360122
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
360563 新しい闘争の必要性〜私権闘争から人類的課題へ 女の職場話 20/09/28 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp